• ホーム
  • 芸能
  • きみまろ&香取慎吾の冠番組第3弾放送「テレ朝の本気感じた」

きみまろ&香取慎吾の冠番組第3弾放送「テレ朝の本気感じた」

 漫談家・綾小路きみまろと、その一番弟子・綾小路しんまろことSMAP香取慎吾の冠番組として、過去に2回放送されたテレビ朝日系の音楽バラエティー『まろまろ一笑懸命』の第3弾が来年1月4日に放送される。

【写真】その他の写真を見る


 今回のサブタイトルは『お正月特別編 あれから40年! 今、明かされる綾小路きみまろの波乱万丈人生!〜きみまろがお世話になった歌手大集合で同窓会SP〜』。きみまろにゆかりのある歌手が、関わった年代順に登場して当時のエピソードを披露し、時代を彩った名曲を熱唱する。ゲストは菅原都々子、畠山みどり、笹みどり、冠二郎、金井克子、天童よしみ、伍代夏子。MCはきみまろと香取のほか、Kis-My-Ft2の玉森裕太ローラが務めた。

 NHK『紅白歌合戦』第1回のトップバッターを務めた菅原は、ヒット曲「月がとっても青いから」を披露。菅原は曲中に「きみまろさんのお顔を見て歌っていたら、当時を思い出してしまって…」と感極まり涙ぐむ様子も見せ、その姿を見たきみまろも思わず涙ぐむ。40年ぶりの再会に胸を熱くした二人の涙に、ほかのMCたちも心を揺さぶられていた。

 一青窈がカバーし、ドラマの『昼顔』主題歌として話題となった「他人の関係」を歌った金井は、当時話題になった振り付けをMC4人に伝授しながら、オリジナル曲を歌い上げた。

 収録の合間に取材に応じたきみまろは、「今回で3回目ということで、しんまろ(香取慎吾)さんをはじめとしたみなさんとのおしゃべりのタイミングなども絶妙になってきました」と慣れてきた様子を見せ「この豪華なセットにも負けないようなテンションでやれるようになってまいりました。今回も64歳という”若さ”で頑張りたいと思います!」と意気込みを語った。

 香取は「3回目を迎えられてうれしい。TV局にとって大切な新春の枠に放送されるので、僕が思っている以上にテレビ朝日はこの番組に本気なんだと感じた」と笑わせながら、「国民的番組にしていきたいので、ぜひ見てください」と呼びかけた。

 今回から番組に初参加のローラは、「私が生まれる前の曲ばっかりだったけど、知らないことを知ることができて面白かった。知らない曲だけど、とっても感動したよ」と明るく振り返ると、香取が「120点のコメントだね。2015年は真面目キャラでやっていけるよ」と持ち上げ、スタジオの雰囲気の良さを感じさせる一幕も。

 玉森裕太も「進行役はあまりやらないので、緊張しています」と明かすも、「大御所の方々の歌声とか歌詞を聴いてて、すごく引き込まれました。菅原さんの涙を見たときは思わず僕ももらい泣きをしそうになりました」と感想を述べた。

 番組の最後には、今年9月に発売されたきみまろのデビュー曲「きみまろのあれから40年」をMC陣がダンスとともに披露するが、きみまろは「ちゃんと出来るか心配ですね…」と踊りに不安を見せる。そんなきみまろを横目に、ローラは「一発撮りでいこう!」と元気に語り、プレッシャーを与える。果たしてダンスはうまくいったのか!?

 『まろまろ一笑懸命 お正月特別編 あれから40年! 今、明かされる綾小路きみまろの波乱万丈人生!〜きみまろがお世話になった歌手大集合で同窓会SP〜』は、1月4日(後6:30〜8:54)に放送。



関連写真

  • 『まろまろ一笑懸命 お正月特別編』出演者。(上段左から)天童よしみ、MCの綾小路きみまろ、伍代夏子
(下段左から)冠二郎、金井克子、菅原都々子、畠山みどり、笹みどり
  • 『まろまろ一笑懸命 お正月特別編』収録合間の取材に応じたMCの綾小路きみまろ(右)とアシスタントのローラ(左) (C)ORICON NewS inc.
  • 収録合間の取材に応じた天童よしみ(左上)、綾小路きみまろ(右上)、金井克子(左下)、菅原都々子(右下) (C)ORICON NewS inc.
  • 『まろまろ一笑懸命 お正月特別編』で40年の芸能活動を振り返る綾小路きみまろ
  • 『まろまろ一笑懸命 お正月特別編』のMCを務めるローラ(左)と綾小路きみまろ(右)
  • 番組初出演ながら、息のあった様子を見せるローラ(左)と綾小路きみまろ(右)

オリコントピックス