• ホーム
  • 芸能
  • 【紅白】今年の“対決”に注目…KABA.ちゃん率いる“桃組”参戦?

【紅白】今年の“対決”に注目…KABA.ちゃん率いる“桃組”参戦?

 NHKは25日、大みそか恒例の『第65回NHK紅白歌合戦』の曲目や曲順を発表。併せて公式サイトを通じて今年の見どころ“対決”なども紹介している。

 “SKE48NMB48 VS 郷ひろみスペシャルダンス対決!”と名を打った演出では、ダンスに定評のあるSKE48とNMB48のポップなダンスナンバーのメドレーに続いて、郷が「99は終わらない」でノリノリのダンスを披露。今年初出場で、20周年イヤーを迎えるV6は、和装姿に華麗な踊りで、紅組の伍代夏子の「ひとり酒」を盛り上げる。

 また、KABA.ちゃん率いるIKKOクリス松村で結成される“桃組”が、紅白「お酒の歌対決」を全面プロデュース。香西かおり「酒のやど」、対する白組・細川たかし「応援歌、いきます」などで“オネエワールド”の全開ショーを繰り広げる。

 “演歌界のプリンス”氷川きよしと”ご当地ソングの女王”水森かおりの『ロボット VS 巨大衣装対決』は迫力のステージを展開。氷川は自身の楽曲「ちょいと気まぐれ渡り鳥」で、最新テクノロジーを使ったセットで「股旅」の世界を表現し、水森は「島根恋旅」で、ブライダルファッションデザイナー・桂由美がデザインした変幻自在の巨大なドレスで歌唱する。

 そのほかにも、紅白出場37回目を迎えた石川さゆりが、世界を舞台に活躍する日本画家・千住博とコラボレーションし、千住の代表作である滝の画をバックに「天城越え」を熱唱。朝ドラ名曲対決では、3年連続出場の美輪明宏が『花子とアン』で使用された「愛の讃歌」を、12年ぶり2度目の出場となった中島みゆきは『マッサン』主題歌の「麦の唄」を歌唱するなど注目の対決が実施される。



オリコントピックス