• ホーム
  • 映画
  • ハリセンボン、コンビそろって恋人なし嘆く Xマスは「無理に仕事入れた」

ハリセンボン、コンビそろって恋人なし嘆く Xマスは「無理に仕事入れた」

 お笑いコンビのハリセンボンが25日、都内で行われたディズニー・アニメ映画の新作『ベイマックス』大ヒット御礼イベントに出席。クリスマスのきょうも仕事だったが、近藤春菜は「とにかく仕事を入れてって言った」といい、「(恋人が)いたらオフにしてもらった」と、コンビそろって肩を落とした。

【写真】その他の写真を見る


 近藤は「昨日も仕事のあとにお友達と女子会。ベイマックスのように包んでくれる人に会いたいです」とガックリ。箕輪はるかも「昨日は仕事が終わってすぐ家に帰りました」と自虐気味に明かした。

 コンビそろって活躍し、特に近藤は連続テレビ小説『花子とアン』に出演。大みそかの『第65回NHK紅白歌合戦』(後7:15〜11:45)で特別編の放送が決定したことを喜ぶと「私もまだ内容はわからないけれど、(脚本の)中園ミホさんには(近藤が演じた)白鳥かをる子さんが目立つようにって頼んだので、期待してください」と呼びかけていた。

 同作は、架空都市“サンフランソウキョウ”を舞台に、優しすぎるケア・ロボット“ベイマックス”と天才少年“ヒロ”が感動の冒険を繰り広げる物語。イベントでは、同作にちなんだ動きを盛り込んだ「ベイマックス ふわふわエクササイズ」を披露。近藤は顔を白く塗って登場し、「ベイマックスじゃねーよ!」のギャグで盛り上げていた。



関連写真

  • Xmasは「無理に仕事入れた」と嘆くハリセンボン(左から)近藤春菜、箕輪はるか (C)ORICON NewS inc.
  • 白塗り姿で「ベイマックスじゃねーよ!」とツッコむ近藤春菜 (C)ORICON NewS inc.
  • イベント後は「すぐに帰ります」とクリスマスを嘆く箕輪はるか (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)近藤春菜、ベイマックス、箕輪はるか (C)ORICON NewS inc.
  • ベイマックス-ふわふわエクササイズ (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス