• ホーム
  • 芸能
  • 堀江貴文氏&茂木健一郎氏&金杉肇氏、ビットコインの将来性に言及「事件後も取引量は増えている」

堀江貴文氏&茂木健一郎氏&金杉肇氏、ビットコインの将来性に言及「事件後も取引量は増えている」

 タレントとしても活動するホリエモンこと堀江貴文氏、脳科学者の茂木健一郎氏、クリエイターの金杉肇氏が“ハッカーズ”として共著した書籍『マネーと国家と僕らの未来』(廣済堂出版)が発売され、3人が登壇したトークセッションとビットコイン紙幣を配布する出版イベントが開催された。

 同書は、3人が強い興味を抱いているビットコインを切り口に、新しいテクノロジーがもたらす未来社会を展望し、その対極にある既存システム(国家、政治、領土問題、教育、就職など)の問題点に鋭く切り込むもの。

 この日のイベントでは、まずは3人によるトークが行われ、堀江は「これまで中央集権的な仮想通貨は、規制にがんじがらめにされてアメリカにつぶされてきた歴史があります。でも、ビットコインは中心がないからつぶしようがない。インターネットがある限りつぶれないんです」。仮想通貨のひとつであり、同書でも綴っているビットコインの成り立ちと、その有益性を熱弁した。

 トークのなかでは、ビットコインの取引所のひとつであるマウントゴックス社の経営破綻にも話が及んだが、堀江は「ひとつ取引所がなくなっただけで、全体のシステムは影響なく動いています。むしろ取引量はその後も増えていて、流動性が上がっています。それが大事なこと」。金杉も「最近でも現実の社会でビットコインが通貨として使えるところが増えています」と説明した。

 最後は客との質疑応答が行われ、仮想通貨の将来性と自己責任で行う投資の本質に関しての熱のこもったやりとりが交わされた。堀江は「ビットコインの仕組みには、リアルな場所で社会性をもたせることもできる仮想通貨の可能性があります。とにかく体験してみることが大事」と締め、茂木は「堀江はこの世界の池上彰。わかりやすく説明してくれる。感動した。愛がある」とコメントし会場の笑いを誘った。

 その後、発売記念キャンペーンとしてじゃんけん大会が行われ、同書を予約した客とハッカーズがじゃんけんをし、勝った人には3人のいずれかが印刷されたハッカーズ特製ビットコイン紙幣(イベント当日時点で4000円相当)がプレゼントされた。

 ビットコインとは、インターネット上で通貨のように扱われているデータ群。仮想通貨と呼ばれる。通常の通貨とは異なり、物質的な形を持たず、公開鍵(ID)と秘密鍵(パスワード)によって所有権が認証される。オンライン上の通貨であるため、海外送金などの物理的な障害がなく、通常の通貨の取引より安価な手数料かつ簡単な手続きで取引ができる点が特徴。



関連写真

  • “ハッカーズ”として共著した書籍『マネーと国家と僕らの未来』の出版トークイベントに登壇した3人
  • トークの様子
  • ホリエモンの顔が印刷されたハッカーズ特製ビットコイン紙幣

オリコントピックス