• ホーム
  • 映画
  • 妻夫木聡、万感の男泣き 主演作封切りで涙止まらず

妻夫木聡、万感の男泣き 主演作封切りで涙止まらず

 俳優の妻夫木聡が20日、都内で行われた映画『バンクーバーの朝日』の初日舞台あいさつに出席。1900年代初頭のカナダに暮らす日系人が、過酷な環境にあえぎながらも野球チームを結成し、奮闘する姿を描いた同作。劇中で野球チームのキャプテンとして熱い演技をみせた妻夫木は、大勢の観客を前に“男泣き”した。

【写真】その他の写真を見る


 どんな苦境にも負けない主人公を演じきり、妻夫木は「希望を少しでも与えられればいいなと思って撮影しました」と思いを吐露。「いろんな選択肢があるけど、目の前のことから逃げないでください。一個のことに一生懸命の人は本当にかっこいいです」とメッセージを伝えると感極まり、「すいません…」と涙声で謝罪。共演のKAT-TUN亀梨和也らが肩を叩いて、フォローするも涙は止まらなかった。

 実際の野球シーンもキャスト陣は吹き替えなしで撮影を敢行。そのなかで妻夫木は「合宿の時に(左手中指に)ヒビを入れてしまって一時、野球ができなくなった」と告白し、「撮影で使っていたグローブが当時(1900年代初頭)のものを再現していて、革が薄くて、そのなかで無理して捕球しに行ったら先端の指に当たってしまって…」と明かして、ファンを驚かせた。

 舞台あいさつにはそのほか、勝地涼上地雄輔池松壮亮高畑充希佐藤浩市石井裕也監督が出席した。



関連写真

  • 感極まる妻夫木聡(右は勝地涼) (C)ORICON NewS inc.
  • 妻夫木聡らが観客にボールを投げるサービスも (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『バンクーバーの朝日』初日舞台あいさつに出席した佐藤浩市(後列)、妻夫木聡(前列) (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『バンクーバーの朝日』初日舞台あいさつに出席した勝地涼 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『バンクーバーの朝日』初日舞台あいさつに出席した上地雄輔 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『バンクーバーの朝日』初日舞台あいさつに出席した池松壮亮 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス