• ホーム
  • 音楽
  • 【オリコン年間】嵐、総売上138億円で10冠 4度目年間1位で明菜に並ぶ

【オリコン年間】嵐、総売上138億円で10冠 4度目年間1位で明菜に並ぶ

 人気グループ・が、『第47回オリコン年間ランキング2014』(集計期間=昨年12/23付〜今年12/15付)で、音楽ソフト年間総売上1位のアーティストに贈られる「アーティスト別トータルセールス」を2年連続(通算4回目)で受賞した。「CDシングル」「アルバム」「ミュージックDVD」「ミュージックBlu-ray Disc(以下BD)」の総売上138.2億円。相葉雅紀は15周年を迎えた今年に受賞したことが「すごく大きい」と喜びをかみしめた。

 「アーティスト別トータルセールス」受賞回数は、中森明菜の4回(1983年、85〜87年)に27年ぶりに並ぶ歴代1位タイ記録。15部門中(新人部門除く)今年最多の10冠を獲得した。

 原動力となったのは映像作品で、ミュージック映像部門の全9部門を完全制覇。今年初めてBD作品をリリースし、『ARASHI Live Tour 2013“LOVE”』(年間15.1万枚、7月発売)と『ARASHI アラフェス’13 NATIONAL STADIUM 2013』(年間13.6万枚、5月発売)が史上初の年間ミュージックBDランキング1・2位独占。1位の『〜“LOVE”』は、AKB48が『AKBがいっぱい〜ザ・ベスト・ミュージックビデオ〜』(11年6月発売)で樹立したミュージックBDの年間最多売上の14.8万枚を更新した。

 ミュージックDVD作品別売上枚数では『ARASHI アラフェス’13 NATIONAL STADIUM 2013』(5月発売)が年間57.6万枚を売り上げ、前人未到の6年連続1位の金字塔を打ち立てた。

■「自分たちのことに思えない」(大野智

 「アーティスト別トータルセールス」1位のトロフィーを手にした相葉雅紀は「今年いただけたということがすごく大きいです。15周年を迎え、5人でハワイでライブができたり、映画が撮れたりした中で最後にご褒美が待っていたような感じがして光栄です」と感激の面持ち。リーダーの大野智は「自分たちのことに思えず驚いています。たくさんの方に音楽を聴いていただいて、映像を観ていただいてうれしく思っています」と喜んだ。

 メンバーもそれぞれ「なかなかいただけるものではないと光栄に感じています」(二宮和也)、「15周年というタイミングでこれだけ多くの賞をいただけたのはうれしいです。たくさんのスタッフの皆さんと、そして何よりファンの皆さんのおかげでいただけた賞だと思います」(松本潤)、「15年支えてくださった方々と、映像作品で新しく僕らに触れてくださった方々の多い1年だった。改めてうれしく思っています」(櫻井翔)とファンの支援に感謝した。

■関ジャニが初のトータルセールスTOP3入り

 「アーティスト別トータルセールス」では、今年デビュー10周年の関ジャニ∞が嵐、AKB48(130.8億円)に次ぐ3位(58.6億円)にランクイン。前年の5位を上回り、デビュー以来初のTOP3入りを果たした。

 ソロアーティストトップは、安室奈美恵の8位(29.4億円)で、ソロ歌手としては2011年から4年連続1位。初のTOP10入りは、三代目 J Soul Brothers(前年15位→6位)、乃木坂46(同17位→9位)、NMB48(同12位→10位)の3組だった。

■2014年オリコン年間ランキング特集
シングルアルバムアーティストセールスミュージックDVD

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

オリコンランキング

オリコン・ランキング一覧


オリコントピックス