『進撃の巨人展』、大分&大阪で開催決定

 先月28日から東京・上野の森美術館で開催され、17日までに動員数10万人を突破した『進撃の巨人展』が大阪と大分でも開催されることが19日、わかった。8月に『進撃の巨人』原作者の諫山創氏の故郷である大分、9月に大阪に“進撃”する。

【写真】その他の写真を見る


 同イベントは、『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中の諫山氏による漫画『進撃の巨人』の原画をはじめ、絶望と恐怖に彩られた物語の世界観や、巨人との戦闘で沸き立つスピード感を体感できる、造形や立体映像を融合させた総合展覧会。1分の1リアルスケールの「超大型巨人」や、巨人と遭遇し、その恐怖と絶望を体験する全身体感型シアター、アニメ声優による音声ガイドなどが用意されている。

 上野では25日のクリスマスが誕生日の人気キャラクター・リヴァイ兵長を祝したケーキや、オリジナルクリスマスツリーなどの展示が用意されている。また、来年1月1日からスタートする会期後期日程では、展示されている原画の一部を入れ替え、エントランス装飾の変更などが行われる。

■『進撃の巨人展 WALL OITA』開催概要
日時:2015年8月1日(土)〜8月30日(日)※無休
会場:大分県立美術館 展示室A
HP:www.kyojinten.jp/oita/

■『進撃の巨人展 WALL OSAKA』開催概要
日時:2015年9月11日(金)〜10月18日(日) 
会場:グランフロント大阪 北館ナレッジキャピタル イベントラボ
HP:www.kyojinten/osaka/



関連写真

  • 作者の故郷で開かれる『進撃の巨人展 WALL OITA』は来年8月に開催 (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • 上野で展示されているオリジナルクリスマスツリー (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • 『進撃の巨人展 WALL OSAKA』は9月11日より (C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会
  • 『進撃の巨人展 』(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会

オリコントピックス