• ホーム
  • スポーツ
  • 荻原次晴、“号泣解説”封印宣言 再びメインキャスターに抜てき

荻原次晴、“号泣解説”封印宣言 再びメインキャスターに抜てき

 元ノルディック複合選手の荻原次晴氏が、来年1月開催の『スノーボード&フリースタイルスキー選手権』(オーストラリア・クライシュベルク)を中継する、テレビ東京系の特別番組でメインキャスターを務めることが19日、わかった。同日、都内で記者会見が行われ、報道陣を前に今年2月の『ソチ五輪』で話題となった“号泣解説”の封印宣言をした。

【写真】その他の写真を見る


 1995年の『ノルディックスキー世界選手権』(カナダ)で金メダルを獲得した荻原氏は、「ウィンタースポーツの選手にとって世界選手権の金メダルは大きな憧れ」といい、メインキャスターとして「自分を奮い立たせていきたいと思います!」と熱く意気込み。

 また、『ソチ五輪』では興奮のあまり、“号泣”したことでも話題を集めた荻原氏は、「あのときは、大変ご迷惑おかけしました」と平謝りし「今回は、絶対に泣きません!」と力強く宣言。しかし、会見途中には「コンタクトレンズがズレた…」といい、珍ハプニングで早くも“涙”して笑わせた。

 来年1月17日から25日までの期間、放送される同番組。「世界の頂点イタダキます!」をキャッチフレーズに、世界選手権の現地リポートも交えて、熱戦の模様を中継。メインキャスターには、荻原氏と共にタレントのベッキーが務め、現地ナビゲーターを元フリースタイルスキー・モーグル選手の上村愛子氏、現地リポーターを同局アナの秋元玲奈が担当する。



関連写真

  • “号泣解説”の封印宣言をした萩原次晴 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)秋元玲奈アナ、ベッキー、萩原次晴、上村愛子 (C)ORICON NewS inc.
  • 「コンタクトがズレて…」と早くも涙する萩原次晴 (C)ORICON NewS inc.
  • 『スノーボード&フリースタイルスキー選手権』記者会見に出席したベッキー (C)ORICON NewS inc.
  • 『スノーボード&フリースタイルスキー選手権』記者会見に出席した上村愛子 (C)ORICON NewS inc.
  • 『スノーボード&フリースタイルスキー選手権』記者会見に出席した秋元玲奈アナウンサー (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス