• ホーム
  • 芸能
  • 釣りと恋愛はどこか似ている〜ドラマで実証 2週連続放送

釣りと恋愛はどこか似ている〜ドラマで実証 2週連続放送

 釣りと恋愛はどこか似ている――という視点から、男女の生態をさまざまな魚にたとえて描く、新感覚のオムニバスドラマ『フィッシャーマンズ・ブルースFisherman's Blues』が、きょう20日(深0:45〜1:15)と翌週の27日(深1:00〜1:30)の2週連続でテレビ朝日系深夜枠「エンタメファクトリー」初のドラマとして放送される(放送日時は一部地域を除く)。

【写真】その他の写真を見る


 周到な計画と準備を施し、逃げていくターゲットをあきらめきれず、あの手この手でなんとか釣り上げようとする。そして、どんな魚にも食性、習性、生息分布、行動形態など、さまざまな“生態”があり、それを知らずしていい釣果はない。それは、人間も同じこと。気になる人はどんな生態を秘めているのか。登場人物たちの恋愛模様と魚の生態を、絶妙になぞらえていく。

 20日放送の第1話「彼の名はブラウントラウト」は、力強い外来魚ブラウントラウトをテーマにしたストーリー。この魚は、マスの一種で、海外の海を何万キロも回遊し、ひと回り大きくなって、生まれ故郷に帰ってくる。一度気に入った場所に定着するという習性を持つ。『仮面ライダーウィザード』の永瀬匡、連続テレビ小説『マッサン』のヌードポスターモデル役で話題を集めた柳ゆり菜が出演する。醜い外見とは裏腹に味わいは絶品のオコゼをモチーフに描いた第2話「オコゼ女にご用心」も放送。

 27日は、可憐な魚・サクラダイをミステリアスな美女の姿にたとえた第3話「サクラダイのひみつ」に三津谷葉子、高級魚・サヨリを高嶺の花である年上女性に重ね合わせた第4話「愛しのサヨリ」に市川由衣らが出演する。

 案内役として全話に登場する“謎の男(ストーリーテラー)”を演じるのは、俳優の佐野史郎。独特の味わいで深みを加えていく。



関連写真

  • ドラマ『フィッシャーマンズ・ブルース』第1話「彼の名はブラウントラウト」出演は永瀬匡、柳ゆり菜(C)テレビ朝日
  • 第2話「オコゼ女にご用心」(C)テレビ朝日
  • ストーリーテラーを務める佐野史郎(C)テレビ朝日
  • ドラマ『フィッシャーマンズ・ブルース』3話「サクラダイのひみつ」(C)テレビ朝日
  • ドラマ『フィッシャーマンズ・ブルース』第4話「愛しのサヨリ」(C)テレビ朝日
  • ドラマ『フィッシャーマンズ・ブルース』第4話「愛しのサヨリ」(C)テレビ朝日

オリコントピックス