指原、乃木坂と“さし坂46”結成

 AKB48の“公式ライバル”グループ・乃木坂46が16日、東京ドームシティホールで行われている『第4回 AKB48紅白対抗歌合戦』に白組の正規メンバーとして出演。HKT48指原莉乃をセンターにした「さし坂46」として、乃木坂46の最新シングル「何度目の青空か?」を初披露した。

【写真】その他の写真を見る


 中盤で乃木坂メンバーがステージに登場すると歓声が起こり、続いてスクリーンに「さし坂46」と映し出されると客席から笑いが漏れた。

 乃木坂46は、この日インフルエンザのため欠席した生駒里奈がAKB48を兼任しているほか、昨年の同イベントでは生田絵梨花がサプライズ登場し、渡辺麻友とともに持ち歌の「君の名は希望」を披露。最近では、『AKB48じゃんけん大会』で小嶋陽菜が音頭を取って「こじ坂46」を結成するなど急速に距離を縮めているが、今度は指原との新ユニット結成で2000人の観客を沸かせた。

 この日、“アウェー”のステージに立ったのは、秋元真夏、堀未央奈、佐々木琴子、齋藤飛鳥、相楽伊織、衛藤美彩、深川麻衣の7人。歌い終えた指原は「皆さん、私、(乃木坂の)みんなをミニスカートにしたのすごくないですか? 珍しいんですよ」と客席に呼びかけ、ファンも大喜び。「今度は、さゆりんご(松村沙友理)も一緒にね」とひと言添え、笑いを誘っていた。



関連写真

  • 指原莉乃(中央)と乃木坂46による「さし坂46」=『第4回 AKB48紅白対抗歌合戦』(撮影:鈴木かずなり)
  • さし坂46のセンターを務めた指原莉乃
  • 乃木坂46のメンバーもミニスカートに
  • 『第4回 AKB48紅白対抗歌合戦』の模様(撮影:鈴木かずなり)
  • 『第4回 AKB48紅白対抗歌合戦』の模様(撮影:鈴木かずなり)
  • 『第4回 AKB48紅白対抗歌合戦』の模様(撮影:鈴木かずなり)
  • 『第4回 AKB48紅白対抗歌合戦』の模様(撮影:鈴木かずなり)

オリコントピックス