• ホーム
  • 芸能
  • 【軍師官兵衛】大河ドラマ通・松村邦洋、「企業ドラマの様で新鮮でした」

【軍師官兵衛】大河ドラマ通・松村邦洋、「企業ドラマの様で新鮮でした」

■いざ、1221 最終回カウントダウン応援合戦

 NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』最終回まであと8日となった13日、歴史上の人物の特徴を追究した物まね芸を持つタレント・松村邦洋からの応援メッセージが公開された。

 歴代の大河ドラマに関する知識も豊富で、毎年並々ならぬ情熱を傾けて視聴分析しているという“大河ドラマ通”でもある松村。「今回の大河ドラマは、戦国時代最強のナンバー2の官兵衛目線であるが故に、信長ら武将の働きが、巨大コンツェルンを作り上げていく企業ドラマの様に描かれていて、新鮮でした」と分析している。

 また、主演の岡田准一について「最初のさわやかなイメージから、徐々に変わっていき、老獪さもみえるのは素晴らしい」と称賛。「荒木村重に幽閉された時の演技には迫力を感じました」と綴っている。

 『軍師官兵衛』は7日放送の「第49回 如水最後の勝負」で関ヶ原の戦いが始まり、いよいよ最終局面へ。14日は衆議院選挙の投開票日のため放送休止となり、「最終回 乱世ここに終わる」(56分拡大版)は21日、NHK総合で午後8時から、BSプレミアムで午後6時から放送される。

■番組公式ホームページ
http://www1.nhk.or.jp/kanbe/



オリコントピックス