• ホーム
  • 映画
  • 実写『進撃の巨人』“超大型巨人”はミニチュア合成の特撮も 劇中ビジュアル解禁

実写『進撃の巨人』“超大型巨人”はミニチュア合成の特撮も 劇中ビジュアル解禁

 2015年最大の注目作、実写『進撃の巨人』のミニチュア合成の特撮も用いられた“超大型巨人”の劇中ビジュアルの一部が13日、初公開された。監督作『巨神兵東京に現わる』(2012年)でもみられた樋口真嗣監督の特撮へのこだわりは、今作の巨人がフルCGではなく特撮も用いられていることにも表れているようだ。また、実写版の超大型巨人が身長120メートル、巨人の侵攻を防ぐ人類は三重の巨大な壁を築いている設定も明らかになり、原作を踏襲した世界観になっていることがわかった。樋口真嗣監督は「スゴい!デカい!大変!です。大変な存在だから仕方ないです。漫画に描いてあるので仕方ないです」とコメント。同作は同年8月・9月に2部作連続公開される。

 これまでに発表されたキャスト、配役に続いてこの日解禁されたのは、第1弾となるポスタービジュアル。そのメインに置かれたのは、原作に登場するさまざまな巨人のなかでも群を抜く最大の大きさを誇り、その象徴的なビジュアルが作品のアイコンとして大きなインパクトを与える超大型巨人。同作では、人類を再び巨人の恐怖に陥れる象徴である超大型巨人が実写映画ならでは迫力で出現するが、ポスタービジュアルでは、その超大型巨人の出現を前に、三浦春馬扮する主人公・エレンが立ちはだかる。そこには、120メートルの巨人の前で、静かに覚悟を決めた戦士の背中が映し出されている。

 同作の超大型巨人は、今年公開され、歴代最大のゴジラといわれた『GODZILLA ゴジラ』の108メートルを超える大きさ。樋口監督は「全日本選抜の総力戦です。もう後戻りできません……。誰も止めてくれません……。どうなっちゃうのでしょうか?」と遊び心も感じさせるコメントで、作品の仕上がりへの期待感を煽る。第1弾ポスター&チラシは、12月20日より全国の劇場に掲出予定。

 未だ全貌が謎に包まれたままの同作。先日、実写版オリジナルのキャラクターが明らかになり、原作者・諫山創氏の監修のもとに脚本の渡辺雄介氏と町山智浩氏が作り上げた、実写版の“新たなストーリー”が話題になった。これまでに明らかになっているのは以下の通り。

【ストーリー】
その日、人類は思い出した――。
百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した――。

この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。

だが百年、壁が壊されなかったといって、今日、壊されない保証はどこにもない――。



オリコントピックス