• ホーム
  • 芸能
  • 斎藤工、スペシャルドラマでも肉体美披露

斎藤工、スペシャルドラマでも肉体美披露

 俳優の斎藤工が、女優・竹内結子主演のフジテレビ系スペシャルドラマ『上流階級〜富久丸百貨店外商部〜』(来年1月16日放送 後9:00)に出演することが11日、明らかになった。同局のドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で女性視聴者を魅了した斎藤は、今作でも鍛え上げられた肉体を披露するシーンがあるとか。斎藤は「素敵な原作に素敵な製作陣。こんなゴージャスな布陣に呼んでいただき光栄です。これは、気負わずに楽しまなきゃ損だなと思いました」とコメントしている。

 同作は、作家・高殿円氏の小説『上流階級 富久丸百貨店外商部』(光文社刊)を原作に、一般にはあまり知られていない“百貨店外商部”を舞台にした職業ドラマ。竹内演じる“デパ地下”のケーキ販売員から突然の異動で外商部員となった主人公・鮫島静緒(さめじま・しずお)の奮闘を描く。

 斎藤が演じる桝家修平(ますや・しゅうへい)は、静緒の同僚となる外商員。バイトから契約社員、そして正社員となった静緒に、後輩の桝家は何かと絡んできては衝突する。良家出身で一見、幼少期から甘やかされて育てられたお坊ちゃんタイプに見えるが、実は“ワケあり”でミステリアスな面をいくつも持ち合わせている役どころだ。さらに、本人曰く「初めて」という少女アニメの振り付けを踊る場面もあり、「ダンスの先生に教わりながら練習します!」と意気込んでいる。

 そのほかのキャストも一斉に発表された。外商部で働く静緒の上司・邑智崇(おおち・たかし)役で竹中直人が出演。男社会だった外商に入って来た唯一の女性・静緒のやり方に何かと難癖をつけ、つらく当たる役どころだが、竹中は「竹内結子さんとは初共演なので、現場がとても楽しみです」。

 静緒とある因縁を抱え、物語の重要な鍵を握るカリスマ外商員・葉鳥士朗(はとり・しろう)役の草刈正雄は「私たちと一緒にお買い物をした気分になってもらえたらうれしいです」とメッセージを寄せた。

 その葉鳥が抱えていた“ワガママでも魅力ある顧客”を、浅野ゆう子高畑淳子森口瑤子渡辺いっけいが演じるほか、富久丸百貨店東京店の紳士服カリスマバイヤーで静緒の夫・神野久臣(かんの・ひさおみ)役で田中哲司、地下食品売場の超ベテランパートで富久丸の生き字引、そして情報通で静緒のよき理解者・時任真由美(ときとう・まゆみ)役で倍賞美津子が出演する。



関連写真

  • フジテレビ系スペシャルドラマ『上流階級〜富久丸百貨店外商部〜』(2015年1月16日放送)で“ワケあり”外商員を演じる斎藤工
  • 主人公を取り巻く男性キャスト陣(左から)草刈正雄、斎藤工、竹中直人

オリコントピックス