• ホーム
  • 芸能
  • 矢口真里が復帰後初MCに挑戦「嫌われても構わない」

矢口真里が復帰後初MCに挑戦「嫌われても構わない」

 タレントの矢口真里が、21日放送の『今だから言えるナイショ話』(後10:00 MBS・TBS系)で芸能界復帰後初のMCを務めることがわかった。11日、都内で行われた収録後に取材に応じた矢口は「私なんかでいいでしょうかという感じです」と謙遜しつつ、「選んでいただけてうれしい」と笑顔を見せた。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は、かつて世間を騒がせた芸能人、スポーツ選手、著名人たちが、当時決して語ることのできなかった事実をカミングアウトする。

 矢口も休業中の生活についてなど明かしており、「いろいろしゃべったので、オンエアを見たら私のこと嫌いになる人もいると思いますが、構わないのでぜひ見てもらいたい」とアピール。「私が出ることでクレームを言う方もいると思いますが、それをいかに少なくできるか」と気にかけていたといい、「番組に迷惑をかけちゃいけないなって思うことはありました」と収録を振り返った。

 ともにMCを務めるロンドンブーツ1号2号田村淳は「最初は堂々たるものだと思ったけれど、足を見たらガクガクしていた。すごい気持ちで臨んでいる」とフォロー。一方、パネラーとして出演するFUJIWARA藤本敏史は「復帰してすぐMCって、芸能界は甘いな! 俺はMCなんて20年くらいやっていない」と嘆き、笑いを誘っていた。

 バラエティー復帰第一弾となったネット番組『めちゃ×2ユルんでるッ!』(10日配信)では、「男の人はすごい好きです」と“肉食系”の発言も飛び出したが、今後の方向性について「真面目キャラに見られがちですが、これからは本来の自分を出していく」と宣言。取材中には周りの芸人たちにのせられて「セクシービーム」を披露するなど何度も笑顔を見せ、「本当に皆さんあったかい。ありがたいです」と共演者に頭を下げていた。

 同番組には、パネラーとして飯田圭織井森美幸ケンドーコバヤシ土田晃之、ナイショ話を語る“ナイショマン”として板東英二、林下清志(ビッグダディ)、新垣隆氏が出演。さらに、スポーツ選手らが出身名門校ならではのエピソードを披露する。



関連写真

  • 『今だから言えるナイショ話』(MBS・TBS系)で芸能界復帰後初のMCを務める矢口真里 (C)ORICON NewS inc.
  • 『今だから言えるナイショ話』収録後取材でセクシービームをする矢口真里 (C)ORICON NewS inc.
  • 『今だから言えるナイショ話』で矢口とともにMCを務めるロンドンブーツ1号2号の田村淳 (C)ORICON NewS inc.
  • 『今だから言えるナイショ話』収録に彼氏からプレゼントされた指輪をつけて臨む矢口真里 (C)ORICON NewS inc.
  • 『今だから言えるナイショ話』に出演する(左から)ケンドーコバヤシ、藤本敏史、矢口真里、田村淳、井森美幸、土田晃之 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス