• ホーム
  • 芸能
  • 『第11回 好きな女性アナランキング』、日テレ・水卜麻美アナが2連覇

『第11回 好きな女性アナランキング』、日テレ・水卜麻美アナが2連覇

ランキング表はこちら

 ORICON STYLEは、毎年恒例の『第11回 好きな女性アナウンサーランキング』を今年も発表。見事首位に選ばれたのは、『ヒルナンデス!』『幸せ!ボンビーガール』『有吉ゼミ』など多くの番組に出演する、日本テレビ【水卜麻美】アナウンサー。水卜アナは昨年に引き続き2連覇を達成。老若男女に愛され、“強烈すぎる愛嬌”という新たなアナウンサー像を確立した水卜アナ。2位以下に圧倒的な差をつけての2連覇は、長期政権を大いに予感させる。

■男女別、世代別全てで首位!! その人気はもはや国民的女子アナ

 “ミトちゃん”の愛称もすっかり浸透し、お茶の間の人気者となった水卜アナ。真面目で実直な姿勢と、ちょっぴり“天然”な言動&リアクションという、相反する2つの要素が絶妙に融合し、唯一無二の“愛されキャラ”となったことが、その要因といえるだろう。今年の同ランキングでは男女別はもちろん、10代〜50代すべての世代別調査でも堂々の首位を獲得。その支持率の高さは、もはや“国民的女子アナ”といっても過言ではない。

 彼女の主な支持理由としては、「ミトちゃんの笑顔に癒される。かわいい!!」(千葉県/10代/女性)、「爽やかで嫌味がなく、アナウンサーとしての清潔感があるから」(埼玉県/30代/女性)、「尖った感じがせず、一種のユルキャラのような感じで好感が持てる」(神奈川県/30代/男性)など、やはりその屈託のない笑顔や滲み出る愛嬌に癒されるという視聴者が圧倒的。

 また、「良く食べるキャラが見ていて気持ちいいから」(福岡県/30代/女性)、「大食いキャラがかわいい」(山口県/20代/男性)など、水卜アナ最大の魅力である、その豪快な“食べっぷり”にも支持が集中。これまで、幾度もダイエットに挑戦してはことごとく頓挫してきた水卜アナだが、「とにかくポッチャリが可愛い」(福岡県/30代/女性)という声が圧倒的。今後も“ありのまま”の体型でまい進して欲しいと切に願う視聴者が多いのだ。

■フジ“不動のエース”カトパン、首位返り咲きなるか!?

 2位にランクインしたのは、昨年に引き続きフジテレビ【加藤綾子】アナウンサー。今や同局を支える“不動のエースアナ”となった彼女が、変わらぬ人気の高さを見せつけた。その美貌やアナウンススキルはもちろん、『ホンマでっか!?TV』などのバラエティ番組においては、“一歩引いた姿勢”で司会の明石家さんまや出演者を立てながらも、時に機転の利いたアドリブ力を発揮するなど、その卓越した技術は周知の通り。

 アナウンススキルにおいては、若手女子アナNo.1と捉えている視聴者が多いようで、「嫌味なところがなく、アナウンサーとしての仕事も安心感がある」(神奈川県/40代/男性)、「バランス良し、安定している」(東京都/50代/男性)など、特に男性層からの支持が高い。先ごろ、多忙の為か『めざましテレビ』の生放送中に体調不良で途中降板し視聴者を心配させたが、無事に復帰。今後も後輩女子アナの“良き手本”となるような仕事ぶりを継続していけば首位返り咲きも十分に在り得るだろう。

■開けっぴろげな発言が人気! NHK有働アナが初のTOP3入り

 そのほか上位を振り返ると、昨年5位からランクアップして初のTOP3に入賞したNHK【有働由美子】アナが3位に。NHKアナらしからぬ(!?)開けっぴろげな言動が、男性のみならず女性からの支持も獲得。『あさイチ』での緩急織り交ぜた進行ぶりや、今年の『NHK紅白歌合戦』でも総合司会を務めることからも、そのアナウンサーとしての技量を疑う余地はないだろう。

 また注目は、同ランキングTOP10初登場となったテレビ東京【狩野 恵里】アナウンサー(6位)とNHK【井上あさひ】アナウンサー(同率8位)だ。狩野アナは、同局先輩アナである大江麻理子アナの後任として、2013年より『モヤモヤさまぁ〜ず2』に出演。共演者のさまぁ〜ずから「38歳子持ち顔」などと度々イジられるように、純朴なキャラクターが支持を得た。対する井上アナは、同局を代表する報道番組『ニュースウオッチ9』のキャスターを務める、絵に書いたような品行方正な女子アナ。だが、プライベートではラジオのヘビーリスナーを公言し、『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)を欠かさずチェックするというギャップも興味深い。

 あらゆる世代から圧倒的な支持を集めた水卜アナの2連覇で幕を閉じた今年の『好きな女子アナランキング』。これまでの女子アナと言えば、清楚で凛としたタイプと、いわゆる“アイドル系”女子アナタイプで区分されてきたワケだが、水卜アナの場合、そのどちらにも属さない。それは、「その食いっぷりがいい!!」や「ぽっちゃりなのが可愛い!」などの支持コメントからも分かるし、ここまで同性から圧倒的な支持を受ける女子アナは存在しなかったからだ。その“強烈過ぎる愛嬌”で女子アナ界に新たな価値基準を構築した水卜アナ、元フジテレビ・高島彩以来の5連覇“殿堂入り”も俄然、現実味を帯びてきた。

※元フジテレビ・高島彩アナウンサーは、2008年に5連覇を達成し殿堂入り。

TOP10ランキング表

【調査概要】
調査時期:2014年11月19日(水)〜11月25日(火)
調査対象:合計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
調査地域:全国
調査方法:インターネット調査



オリコントピックス