• ホーム
  • 映画
  • 【動画】宮沢りえ「本当に幸せでした」 映画『紙の月』撮了映像公開

【動画】宮沢りえ「本当に幸せでした」 映画『紙の月』撮了映像公開

 女優の宮沢りえが7年ぶりに主演し、今月15日に公開された映画『紙の月』のクランクアップ時の映像が公開された。同映画の監督を務めた鬼才・吉田大八監督からバラの花束を渡された宮沢は感極まって「本当に幸せでした」と涙した。

 契約社員として銀行で真面目に働く主婦・梨花(宮沢)が、年下の不倫相手のために、巨額の横領事件を引き起こすヒューマン・サスペンス。直木賞作家・角田光代氏のベストセラー長編小説を映画化し、第27回東京国際映画祭のコンペティション部門で最優秀女優賞&観客賞の2冠を達成した。

 撮了時にバラの花束を渡された宮沢は「最後まで吉田組の厳しさを味わいました。スタッフと吉田大八監督の演出によって、梨花が浮き彫りになった瞬間を毎日目の当たりにできて、本当に幸せでした」と涙。また、次の瞬間、1本のバラを勢いよく引き抜き「監督お疲れ様でした!」と差し出すと、吉田監督ももらい泣き。「撮影が終わることがこんなにも名残惜しいなと思ったことは今までになくて、奇跡のような撮影をいっしょに過ごしていただいてありがとうございました」と感謝した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



オリコントピックス