• ホーム
  • 芸能
  • 東国原英夫氏、“宮崎出身”ロイヤルズ・青木を慰労

東国原英夫氏、“宮崎出身”ロイヤルズ・青木を慰労

 前衆院議員の東国原英夫氏(57)が31日、自身のツイッターで、米大リーグのワールドシリーズ第7戦(日本時間30日)でジャイアンツに敗れ、惜しくも世界一に届かなかったロイヤルズの青木宣親選手(32)をねぎらった。

 東国原氏によると、同氏は宮崎県知事時代の2009年、第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表で日本の2連覇に大きく貢献した同県日向市出身の青木選手に県民栄誉賞を授与。2人の出身校である早稲田大では同時期に学び、青木選手の結婚式に出席したほどの間柄という。

 東国原氏は講演先の徳島市内から「しかし、ロイヤルズ、残念だったな〜」とツイート。「(青木選手の)最後の涙には、思わずうるうると来てしまった」と敗北をかみしめながら、「青木選手、取り敢えずはお疲れ」と労をねぎらった。



オリコントピックス