• ホーム
  • 芸能
  • 3万人の声を家電に 「目利き世代」に向けたパナソニックの新たな挑戦

3万人の声を家電に 「目利き世代」に向けたパナソニックの新たな挑戦

 パナソニックが最新家電シリーズ「Jコンセプト」を発表。日本橋三越本店の「はじまりのカフェ」で行われた展示イベントで、和食器から反物までさまざまな展示物と並んで披露されたのは、日本の住まいにとけ込む“和”を感じるラインナップ。日本の伝統工芸に通じる上品なデザインで、今までの家電になかった“和のエッセンス”という新しい方向性を打ち出している。

【写真】その他の写真を見る


◆「目利き世代」が求める品質を追求

 テクノロジーを詰め込んだ家電が氾濫するなか、本当に求められている製品像が何かを探るため、同社は3万人以上のユーザーにアンケート調査を実施。その結果浮かび上がったのは、シンプルで使いやすく、流行に左右されない“日本の美”を意識したデザインというものだった。

 「Jコンセプト」のJの意味するところは“ジャパン”、“上質”。シリーズ第一弾として、10月下旬にエアコンを発売開始。11月下旬に掃除機を、来年2月には冷蔵庫がラインナップに加わる。ターゲットは、豊富な人生経験を積んだ50代、60代のユーザー。同社はこの層を、うわべの華やかさに惑わされず本質を見抜く目をもった“目利き世代”と呼び、同世代の眼鏡にかなう製品を目指した。

◆日本の原点に回帰する

 今回発表になった製品はまさにこの結果を具現化したもの。徹底的に使い勝手にこだわり、シンプルなデザインながらも上品なテイストを実現。掃除機は世界最軽量の本体質量2キログラムと、パワーを重視し重くなりがちな昨今の掃除機とは一線を画する、コンパクトな使いやすさを追求した。

 エアコンは、今までの製品では足が冷える、というユーザーの声を反映し、足元に温風がしっかり届く設計に。冷蔵庫は、使用頻度の高い野菜室を真ん中に配し、“目利き”世代の使い勝手を考慮して冷蔵室の高さを床上88センチに設定した。日本食に欠かせない食材、魚などをたくさん保存できるように大容量のパーシャル室を装備するなど思い切った改革がなされている。

 近年、海外メーカーに押され気味だった国内メーカーが元気を取り戻しつつあるという。かつては世界をリードし日本で育まれてきた家電を今一度見つめなおし、再び日本の暮らしに寄り添い始めている。そんな流れをうけて誕生した「Jコンセプト」シリーズ。新たな挑戦が今、始まっている。



関連写真

  • 3万人の声をもとに最新家電シリーズ「Jコンセプト」が誕生 (C)oricon ME inc.
  • パワフルな送風を実現したスタイリッシュなエアコン(C)oricon ME inc.
  • 世界最軽量の本体質量2キログラムとコンパクトな紙パック式掃除機(C)oricon ME inc.
  • 使い勝手にとことんこだわったトップユニット冷蔵庫(C)oricon ME inc.

オリコントピックス