• ホーム
  • 映画
  • 庵野秀明監督、『シン・エヴァ』に言及「やり遂げます」

庵野秀明監督、『シン・エヴァ』に言及「やり遂げます」

 『新世紀エヴァンゲリオン』などの作品で知られる庵野秀明氏が27日、東京・日本橋のTOHOシネマズ日本橋でトークショーを行い、全4部作とされる『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の4作目『シン・エヴァンゲリオン劇場版(EVANGELION:3.0+1.0)』について言及。「エヴァは本当に大変」と繰り返し、うなだれながらも、「やり遂げます。お待たせしていますけど、『序』が2007年、『破』が09年、『Q』が12年の公開だから、(次回作の公開まで)2年、3年とかかってきたので、次は4年、いや6年、間隔が空いてもいいのかな(笑)。いや、頑張ります」と言い切った。

 自分の持っているものをすべて注ぎ込んで作品を一つ作り上げた後、抜け殻のようになってしまうのは庵野氏に限ったことでないだろう。「『エヴァ』のテレビシリーズが終わった時もしんどくて、実際、死にかけた。『Q』の後もそうで、人生にあともう一回くるんだ、これがと思ったら…。特に『エヴァ』は魂の削られ方が激しい」と訴えた。そんな庵野氏を救ったのが、スタジオジブリの宮崎駿氏だったという。

 「たくさんの人に助けられているけれど、特に宮崎さんが大きかった。テレビの『エヴァ』が終わった時に、僕が危ないという噂を聞いて、電話をくれた。『俺もそうだ。休めばいいんだ。作れるようになるまで、好きなだけ休めばいいし、あれだけのものを作ったお前なら、人も金も集まるから』と。すごく楽になった」と述懐。

 最近も宮崎氏から「大変なんだって? やめちゃえばいいんだよ」と言われた直後に、「いや、やったほうがいい」と助言を受けたといい、「最後まで頑張れと言われたので、やり遂げます」。『エヴァ』の次回作について話しながら、庵野氏は「今、思い出して泣いちゃった。つらいこと思い出して」と、ほんの一瞬だが涙をぬぐうひと幕もあった。

 都内で開催中の『第27回東京国際映画祭』(31日まで)では、メインイベントの一つとして庵野氏のクリエイターとしての半生を振り返る特集上映「庵野秀明の世界」を実施。4日目のきょうは『新世紀エヴァンゲリオン劇場版DEATH(TURE)/Air/まごころを、君に』の上映後にトークショーが行われた。



オリコントピックス