• ホーム
  • 映画
  • 【花子とアン】半年間の平均視聴率22.6% 『ごちそうさん』超え&過去10年で最高

【花子とアン】半年間の平均視聴率22.6% 『ごちそうさん』超え&過去10年で最高

 27日に放送された女優・吉高由里子主演のNHK連続テレビ小説『花子とアン』の最終回の視聴率が22.3%だったことが29日、わかった。大ヒットした前作『ごちそうさん』の勢いを引き継ぎ、初回(3月31日)21.8%でスタート。全156回の平均視聴率は22.6%で、前作『ごちそうさん』(2013年後期)の22.4%を超える高視聴率を記録した。最高は7月5日に記録した25.9%だった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ(関東地区)。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、『赤毛のアン』を日本で初めて翻訳し、世に出した村岡花子の波乱万丈の半生記を軸に明治〜昭和の女性たちの“仕事と恋と友情”を描いた。吉高演じる花子の幼なじみ・朝市役の窪田正孝、仲間由紀恵演じる蓮子の2度目の夫・嘉納伝助役の吉田鋼太郎、花子の夫・村岡英治役の鈴木亮平ら、男性キャラも女性視聴者の心をつかんだ。

 最終回には、花子が翻訳した『赤毛のアン』を朗読しながら、主要キャラクターが総出演。女学校の先輩・白鳥かをる子(近藤春菜)も久しぶりに顔を見せた。出版祝賀会のスピーチで、花子は「曲がり角の先にはきっと一番いいものがまっている。優しい心、幸福、友情などの美しい花が咲いていると今は強く信じています。アンのように勇気を出して歩いていけば曲がり角の先にはきっときっと美しい景色が待っています」と作品のメッセージを代弁。脚本は、『やまとなでしこ』『ハケンの品格』『ドクターX〜外科医・大門未知子』など、現代女性の本音をリアルに描いてきた中園ミホ氏が担当した。

 なお、関西地区では、初回18.1%、最終回22.8%、全156回の平均21.6%だった。

 10月18日には、BSプレミアムにてスピンオフドラマ『朝市の嫁さん』(後7:30)が放送される。本編で、花子への想いを告げることなく、ほかの女性と結婚した朝市の結婚相手・ちづ江(石橋杏奈)が初登場する。

 きょう29日からは、ニッカウヰスキーの創業者であり、日本のウイスキー誕生を支えた竹鶴政孝さんと妻のリタさんをモデルにした“夫婦の奮闘記”『マッサン』がスタート。主役夫婦を玉山鉄二、史上初の海外からのヒロイン、シャーロット・ケイト・フォックス が演じる。

◆最近の連続テレビ小説の視聴率 (初回/最高/期間平均)
2014年前期『花子とアン』  (関東)21.8/25.9/22.6(関西)18.1/25.0/21.6
2013年後期『ごちそうさん』 (関東)22.0/27.3/22.4(関西)18.2/24.6/21.8
2013年前期『あまちゃん』  (関東)20.1/27.0/20.6(関西)14.6/22.1/16.9
2012年後期『純と愛』    (関東)19.8/20.2/17.1(関西)16.2/18.4/15.9
2012年前期『梅ちゃん先生』 (関東)18.5/24.9/20.7(関西)16.7/21.3/18.5
2011年後期『カーネーション』(関東)16.1/25.0/19.1(関西)16.2/22.7/19.6
2011年前期『おひさま』   (関東)18.4/22.6/18.8(関西)15.6/21.3/16.5
2010年後期『てっぱん』   (関東)18.2/23.6/17.2(関西)13.1/19.8/16.2
2010年前期『ゲゲゲの女房』 (関東)14.8/23.6/18.6(関西)10.1/20.0/15.9

※視聴率はビデオリサーチ調べ、単位は%



関連写真

  • 高視聴率で放送を終えた連続テレビ小説『花子とアン』ヒロイン・花子を熱演した吉高由里子 (C)NHK
  • 女学生時代…蓮子(左:仲間由紀恵)としおりに名前を記入するはな (C)NHK
  • ラストシーンで空を見上げる吉高由里子 (C)NHK
  • NHK朝ドラ『花子とアン』場面カット(左から:吉高由里子、仲間由紀恵) (C)NHK
  • 高視聴率で放送を終えた連続テレビ小説『花子とアン』ヒロイン・花子を熱演した吉高由里子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス