大学発ゲームアプリ、「東京ゲームショウ」でお披露目

 幕張メッセで開催されている世界最大級のゲームの見本市「東京ゲームショウ 2014」(21日まで)。多くの企業が力作を発表する中、若いスタッフが対応にあたっているブースがあった。在阪大学として唯一出展しているという大阪電気通信大学の総合情報学部デジタルゲーム学科だ。同校は学生らが制作したゲームアプリ『コトノハノキセキ』の試遊版を公開。モンスターキャラクターを担当した同学部の足立明穂さんは「ブースを周っていた企業の方からも『完成版を期待してます』という声をいただいて、とても嬉しかったです」と笑顔をのぞかせた。

【写真】その他の写真を見る


 同大学の「東京ゲームショウ」出展は2007年にはじまり、今回で8回目。今回発表されたアプリは同校学生が制作・提供しているラジオ番組『水瀬いのりのげ〜みゅ♪研究所!』(OBCラジオ大阪で放送中)内での企画から生まれたゲームで、ミステリーとサスペンス、アドベンチャーを盛り込んだ“ミスペンスアドベンチャー”。大阪を舞台に美少女キャラクターの声を奪うモンスターとの攻防を繰り広げる。

 アニメ『ご注文はうさぎですか?』などで人気の声優・水瀬いのりが、登場する5人の美少女キャラクターすべての声を担当しており、実際のアフレコは学生たちが東京まで上京して行うなど本格的。6月に企画がスタートし、3ヶ月をかけて試遊版を作り上げた。キャラクターデザインを担当した総合情報学部の松浦咲里さんは「自分の作ったキャラクターがこうやってゲームになって、しかも東京ゲームショウに出展するなんて感無量です。顔の表情だけじゃなく体の動きにもこだわったのでそこも見て欲しいです」と、苦労を重ねたアプリに思い入れもひとしおだ。

 アプリの企画制作には、数々のゲーム制作実績をもつ同大学の教員らも参加しており、ゲーム制作の現場で実際に働いている山路敦司教授は「ゲームはプロジェクトワークで作るもの。全体の中でプロジェクトの一員として動いていくにはどうしたらいいのか、プロジェクトを成功させるにはどうすればいいのかを学んで欲しい」と作業を通して、より実践的なゲーム制作のノウハウを教えているという。「大学と企業のブースが近いので、実際に売れているものとの違いやクオリティなど、教員が教えるより現場で体感することは多いと思います。肌で感じてこそ今後の学生の成長に繋がるのでは」と期待を寄せる。

同アプリは12月に配信を予定しており、学生らは「学生と先生が力を出し切ってがんばって企業に負けないものを作ろうと思っています。楽しんで遊んでもらえたら嬉しいです」と意気込んでいた。



関連写真

  • キャラクターデザインを担当した松浦咲里さんとモンスターデザインを担当した足立明穂さん(右) (C)oricon ME inc.
  • 美少女キャラクターとモンスターとの攻防を描くゲームアプリ『コトノハノキセキ』(C)oricon ME inc.
  • ひときわ目を引いていた大阪電気通信大学デジタルゲーム学科のブース(C)oricon ME inc.
  • 美少女キャラクターの声を声優・水瀬いのりが担当(C)oricon ME inc.
  • 山路敦司教授(左)など教職員と学生が一緒になってゲームを作成(C)oricon ME inc.

オリコントピックス