• ホーム
  • 芸能
  • 東国原氏、ブログで再々婚報告 プロポーズは「将来、僕の介護してくれないか?」

東国原氏、ブログで再々婚報告 プロポーズは「将来、僕の介護してくれないか?」

 前衆議院議員の東国原英夫氏(57)が19日、自身のブログを更新し、16日に宮崎県在住で37歳の一般女性と結婚したことを報告した。

 お相手について東国原氏は「現在宮崎在住の一般女性(37歳)であります。1977年長崎県(彼女の母の実家)生まれ、その後、彼女の父(宮崎県串間市出身)の転勤により富山県富山市に移住。同市内の小中学校を卒業、富山中部高校からお茶の水女子大学進学。同大学卒業後一般企業に就職。若い頃には、アルバイトでモデルの仕事をやっていたらしい」と趣味や特技などの詳細を添えつつ紹介。

 出会いのきっかけは2011年4月、東京都知事選の落選後に宮崎で友人が開いた激励会であることを明かし「私がちょっと落ち込み、いや結構打ちひしがれていた頃に、陰で支え、励まし、元気付けてくれたのが彼女でした」と告白。その後、交際に発展し、昨年6月に東国原氏の母親が入院した際に、彼女が献身的に看病・介護してくれたといい「その姿に、感謝・感動・胸を打たれ、『この人と一緒にいれたらな〜』と思いました」と結婚に至るまでの経緯を説明した。

 プロポーズの言葉については、「彼女が母の介護をしてくれているとき、耳元で『将来、僕の介護もしてくれないか?』と頼んでみたら、『はい、喜んで』と返事が返って来ました」としつつも、「介護職員初任者研修資格を有する彼女は、ただ単に介護をして欲しいと思っていたらしいです(笑)」と明かしている。

 最後は「私自身、人生三回目の結婚であります。年齢も57歳で、これが最後の結婚となるでしょう。いや、そうしなければなりません(笑)」と決意。「どれくらいの人生を生きられるか分かりませんが、残りの人生を新たな伴侶(パートナー)とゆっくり静かに生きて行けたらと思っております。お互いを尊重し合い、適切・適当な距離を保ち、話し合いやコミュニケーションを欠かさず、今後の艱難辛苦、喜怒哀楽、様々な出来事等に向き合い、それら全てを共有して行けたらと思っております」とブログを結んでいる。



オリコントピックス