• ホーム
  • 映画
  • 能年玲奈、新境地の変顔を披露 『海月姫』特報解禁

能年玲奈、新境地の変顔を披露 『海月姫』特報解禁

 女優の能年玲奈がオタク女子役で主演する『海月姫』(12月27日公開)の特報映像とポスタービジュアルが20日、初公開された。能年は、ほぼスッピンに三つ編み、めがね、スウェットを着用という、完璧なオタク姿が初披露している。

 この日、明らかになったのは、男子禁制のアパートに住む、筋金入りのオタク女子集団(能年=クラゲオタク、池脇千鶴=鉄道オタク、太田莉菜=三国志オタク、馬場園梓(アジアン)=和物オタク、篠原ともえ=枯れ専)と、彼女たちの前に突如現れる菅田将暉=女装美男子(弟)と長谷川博己=童貞エリート(兄)の兄弟の姿。さらに、映像の最後には、能年の新境地ともいえる白目をむき出しにした渾身の変顔も収録されている。

 同作は2008年より連載がスタートし累計発行部数270万部突破した東村アキコ氏による人気少女漫画を実写化。能年演じるクラゲを愛するオタク少女・月海、月海の暮らす共同アパート天水館の住人でヲタク女子“尼〜ず”と、月海をトラブルから救ったことで天水館に出入りすることとなる女装男子の奇妙な友情を描く。



関連写真

  • 初公開されたポスタービジュアル(C)2014映画「海月姫」製作委員会(C)東村アキコ/講談社

オリコントピックス