• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン】SME、7年連続上半期映像1位独走 アニメ・音楽で強み

【オリコン】SME、7年連続上半期映像1位独走 アニメ・音楽で強み

 オリコンは29日、2014年上半期の映像ソフト(DVD、Blu-ray Disc)の売り上げをまとめた市場レポート(対象期間:2013年12月30日〜2014年6月29日)を発表した。メーカー(発売元)別売上では、ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)が前年同期比111.7%の132.7億円で、7年連続で上半期トップをキープした。

 市場全体の売上高は1215.9億円(前年同期比95.7%、消費税増税を考慮すると94.4%)、総売上枚数は2093.3万枚(前年同期比90.4%)といずれも前年を割り込んだ。

 盤種別では、Blu-ray Disc(BD)の売上高は557.3億円(同108.3%)、売上枚数は723.6万枚(同102.6%)と勢いは落ち着いたものの、音楽作品は依然好調。B’zの『B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER-XXV BEST-』、嵐の初BD作品『ARASHI アラフェス’13 NATIONAL STADIUM 2013』などのヒットがBD市場拡大に貢献した。

 DVDの売上高は658.6億円(同87.1%)、売上枚数は1369.7万枚(同85.2%)。売れ筋だった「映画」「アニメ」がBDに移行し、市場規模は各ジャンルで縮小傾向にあるが、当期唯一、ドラマ作品が前年同期比増(101.5%)。昨年、社会現象化した2大ヒットドラマ『半沢直樹』と『あまちゃん』のDVDボックス商品の売上が大きく寄与した。

 メーカー別ではSMEが独走状態。<物語>シリーズなどのテレビアニメシリーズ、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』『劇場版「空の境界」未来福音』といった劇場アニメの映像作品が好調。音楽映像作品もエイベックス・グループ・ホールディングス、ジェイ・ストームに次ぐ3位と、映像ソフト主要3大ジャンル(アニメ、音楽、映画)のうち2つで強みを発揮し、他社を圧倒している。


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

オリコンランキング

オリコン・ランキング一覧


オリコントピックス