• ホーム
  • 芸能
  • 諫山創氏、『進撃の巨人』以外で初作品 皆川亮二氏と“将棋”漫画

諫山創氏、『進撃の巨人』以外で初作品 皆川亮二氏と“将棋”漫画

 人気漫画『進撃の巨人』の作者・諫山創氏が、8月6日に発売される『週刊少年マガジン』(36・37合併号、講談社)で、将棋を題材にした読み切り作品『the Killing Pawn』を掲載することが29日、わかった。同氏が『進撃の巨人』以外の作品を手がけるのは、今回が初。原作は諫山氏が務め、作画は『ARMS』などで知られる皆川亮二氏が担当する。

 今回のコラボは、両者の意気投合で実現。諫山氏は、『ARMS』を読んで「漫画って、なんて面白いんだ」と皆川氏に憧れ。一方の皆川氏も『進撃の巨人』を「面白い漫画が現れた」と感じていたこともあり、異色のタッグに繋がった。

 同漫画のテーマは“本格派・将棋バトル漫画”。タイトルには「歩兵が王将を殺す」という意味も含まれているという。



オリコントピックス