• ホーム
  • 芸能
  • 【オリコン】KADOKAWA経営統合効果鮮明に 「BOOK」「文庫」売上で2冠

【オリコン】KADOKAWA経営統合効果鮮明に 「BOOK」「文庫」売上で2冠

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 昨年秋に子会社9社を統合し、5月には『ニコニコ動画』を運営するドワンゴと経営統合したKADOKAWAが、25日発表のオリコン『2014年上半期書籍マーケットレポート』(対象期間:2013年12月30日〜2014年6月29日)で大きく躍進。BOOK・文庫・コミックの総合で前年同期の角川グループパブリッシングの売上額を大きく上回る496.6億円(前年比315.4%)を記し、出版社別シェアで講談社に次ぐ2位に。経営統合効果が顕著となった。

 KADOKAWAの当期売上において規模・伸び率の双方で最も目立ったのはBOOK部門。売上額は184.2億円(前年同期比521.5%)で前年の上位出版社である講談社や今期2位の学研パブリッシング(142.5億円)を抜いてトップに踊り出た。以前から強かった文庫部門も167.7億円で前年に続いて1位を堅守、2位(講談社 63.4億円)以下を大きく引き離してBOOK・文庫の2冠を達成した。

 長らく続いてきた講談社・集英社・小学館の3強体制に食い込んだKADOKAWAだが、コミック部門では集英社(332.7億円)、講談社(326.3億円)、小学館(200億円)の3強は切り崩せず。売上は144.6億円で4位にとどまった。

 BOOK部門では同社が刊行した『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』が勉強本としては異例の注目を集めた他、映画・音楽シーンを賑わせているディズニー映画『アナと雪の女王』の絵本版も好調な売上を記録。今後、総合力の講談社、コミックの集英社、読み物のKADOKAWA、という図式がさらに顕在化していく可能性をうかがわせている。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店1940店舗(WEB通販含む)※※当レポート対象調査期間時点での店舗数(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 2014 年上半期 部門別売上上位出版社 【BOOK】でKADOKAWAがトップに  (C)ORICON inc.
  • 2014 年上半期 部門別売上上位出版社 【文庫】 (C)ORICON inc.
  • 2014 年上半期 部門別売上上位出版社 【コミック】 (C)ORICON inc.
  • 2014年上半期 売上上位出版社【総合】 (C)ORICON inc.

オリコントピックス