• ホーム
  • 映画
  • 7・20「月面着陸の日」 月面を踏んだ飛行士たちの名言集動画公開

7・20「月面着陸の日」 月面を踏んだ飛行士たちの名言集動画公開

 7月20日は、人類が初めて月面に着陸した「月面着陸の日」。アポロ11号で人類初の月面着陸に成功したニール・アームストロングを始め、アポロ計画で月面着陸に成功した歴代の宇宙飛行士が残した言葉を紹介する特別映像がWEBで公開された。

 1961年から実施されたNASAによる人類初の月への有人宇宙飛行計画、アポロ計画で1969年7月20日に、アームストロング船長とバズ・オルドリン飛行士がアポロ11号で人類初の月面着陸に成功。これを記念して、7月20日は「月面着陸の日」(Anniversary of Apollo 11 Moon landing)とされている。

 最も有名なのはアームストロング船長の「これは1人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩である」。ほかにも、1971年7月26日アポロ15号で月面着陸したジェームズ・アーウィンは「地球は、宇宙の暗闇の中でぶら下がるクリスマスツリーの飾りのようだった」など、月面を踏んだ宇宙飛行士たちがそれぞれ印象的な言葉を残している。

 そして、最後に登場するのは、小山宙哉氏原作の漫画・テレビアニメ『宇宙兄弟』内で、2026年3月8日に日本人初となる月面着陸に成功した主人公・南波日々人の「イェ〜〜〜〜〜〜!!」(原作第7巻#65「月のうさぎ」、テレビアニメ#33「月のうさぎ」に収録)。宇宙飛行士を目指す兄弟の成長を描く同作初の劇場アニメ『宇宙兄弟#0』(8月9日公開)の告知で落ちが付く。同映画では、原作者・小山氏のオリジナル脚本で、主人公の南波六太・日々人兄弟の“夢の原点”が描かれる。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • テレビアニメ『宇宙兄弟』(#33「月のうさぎ」)より(C)小山宙哉・講談社/読売テレビ・A-1 Pictures
  • 日本人初の月面着陸に成功した日々人(C)小山宙哉・講談社/読売テレビ・A-1 Pictures
  • 映画『宇宙兄弟#0』8月9日公開(C)宇宙兄弟CES2014

オリコントピックス