• ホーム
  • 芸能
  • 製法と容器を新採用 雪印メグミルク、「牛乳」で新戦略

製法と容器を新採用 雪印メグミルク、「牛乳」で新戦略

 雪印メグミルクは15日、都内で秋季の新商品発表会を行い、新開発の「シルキーミルク製法」と、開け閉めがしやすいキャップ式の新容器を採用した新牛乳商品『雪ミルク』を、9月23日より発売すると発表した。プロジェクト発足から2年半もの時間を要しており、従来の牛乳にはない、シルクのような口当たりとコクが特徴。同社取締役執行役員の小西寛昭氏は、「いままでになかった新たな牛乳の世界を開き、(同商品を)新定番、ニュースタンダード牛乳として育成していく」と力強く語った。

【写真】その他の写真を見る


 同商品は昨今の消費者の嗜好傾向と、核家族化に対応した容器が特徴。風味に影響する殺菌方法に着目し、従来製法の“良いとこ取り”をすることで、独特の臭みのないスッキリとしたコクと味わいを実現した。単身者や2人暮らしの夫婦などでも飲みきれるよう、中容量の700mlに設定した点や、注ぎ口が最後まで衛生的に保てるよう、プラスチックのキャップがついた容器にした点もポイント。同社にとって、中容量の牛乳商品を発売するのも、テトラトップ型容器を採用するのも初めてになる。

 サラサラとした飲み口の牛乳だが、栄養価は従来製法の商品とほぼ同じ。同社担当者は「(後味が良いため)特に紅茶や、最近人気の浅いりコーヒーとの相性は良いと思います。日々の食事の中にも取り入れていってほしいですね」と語った。

 今秋はほかにも、需要が高まる豆乳を使用した新感覚のヨーグルト『恵megumiガセリ菌SP株 豆乳仕立て』や、新感覚のマーガリン『ネオソフト コクのあるバター風味』、チョコレート商品を扱うロイズとコラボレーションした『ROYCE’ CHEESE DESSERT 6P』など、計55品目の新商品、改良品を発売。目まぐるしく変化する市場で「新しいミルクとの出会い」を提供し、新たな需要拡大を狙う。



関連写真

  • スッキリとしたコクと口当たりが特徴の『雪ミルク』 (C)oricon ME inc.
  • 豆乳を使用したヨーグルト系商品は、同社では初めて (C)oricon ME inc.
  • ロイズとコラボレーションしたデザートチーズも (C)oricon ME inc.
  • 雪印メグミルク 平成26年秋季の新商品『ネオソフト コクのあるバター風味』 (C)oricon ME inc.
  • 『雪印 北海道100 クリームチーズ レアチーズケーキ』
  • 『雪印 北海道100 クリームチーズ』
  • 雪印メグミルク 平成26年秋季の新商品『ROYCE’チョコレートチーズデザート ホワイト』 
  • 『牛乳で作る コーンとチーズのポタージュ』
  • 『牛乳で作る かぼちゃとチーズのポタージュ』
  • 『ミルクで作ったジャム』
  • 『ミルクで作ったジャム メープル味』
  • 『Doleベジタブルスムージー』
  • 『ミルクスタンド アサイー&ベリーミルク』
タグ

オリコントピックス