• ホーム
  • 音楽
  • 元BOΦWY・布袋寅泰、氷室とのラスト共演懇願「隣りでギター弾かせてほしい」

元BOΦWY・布袋寅泰、氷室とのラスト共演懇願「隣りでギター弾かせてほしい」

 元BOΦWYでロックミュージシャンの布袋寅泰が14日、自身のブログで、前日にライブ活動からの電撃引退を発表した氷室京介との共演を懇願した。

 布袋は「This is my true feeling.」と題し、「もし彼が本当にステージから姿を消してしまうなら『最後のステージはせめて一曲でも 隣りでギターを弾かせてほしい』そう願うのみ」と引退前の共演を強く希望した。二人は1988年4月5日のBOΦWY解散以降、一度も共演しておらず、実現すれば大きな話題となる。

 また、同じ元BOΦWYのドラマー・高橋まことは自身のツイッターで「ヒムロックの公式サイトから発表がありました。今は何とも言葉がありません」と落胆している。

 BOΦWYは、氷室(Vo)、布袋(G)、高橋(Dr)、松井常松(B)からなる伝説のロックバンド。氷室は、1988年のバンド解散以降はソロアーティストして活動。2011年6月には東日本大震災の被災者支援のため、全曲BOΦWYの楽曲で構成するチャリティーライブを開催した。

 一方、布袋は解散後に、吉川晃司とCOMPLEXを結成し、その後ソロとして活動している。



オリコントピックス