• ホーム
  • 映画
  • 【動画】唐沢寿明、下積み時代を回顧 “スーツアクター”時代の写真も披露

【動画】唐沢寿明、下積み時代を回顧 “スーツアクター”時代の写真も披露

 俳優の唐沢寿明(51)が30日、都内で行われた映画『イン・ザ・ヒーロー』(9月6日公開)のキックオフ会見に出席。アクション映画や特撮ヒーローもので、ヒーローや怪獣などのスーツを着用し、素顔をさらすことなくスタントシーンをこなす“スーツアクター”に焦点を当てた同作。唐沢自身も過去にスーツアクターの経験があったと明かし、下積み時代を振り返った。

【写真】その他の写真を見る


 会見では、スーツアクター時代の写真を披露した唐沢。「当時は、忍者ショーが多くて、宙返りや刀でやりあっていた」といい、「『仮面ライダー』の忍者役で子どものお客さんばかりだけど、顔を出してステージに立てるのがうれしかった」と回顧。「誰も見てなくても自分なりに誰かが見ていると信じて疑ってない年頃でした。これが出発点ですからね」と感慨深げに語っていた。

 “経験者”の唐沢は、劇中のアクションシーンをほぼ代役なしで挑戦。筋トレと半年間の食事制限を経て、撮影に臨み「撮影前にも色々準備をしたりしたけど結構、けがしましたね。昔のイメージのまま飛ぼうとすると筋膜を切っちゃったりした」と苦労を吐露。それでも「昔を思い出しながらなんとか頑張りました」と手応えをにじませた。

 会見にはそのほか、主題歌「Dream On」を歌う吉川晃司、脚本の水野敬也氏、武正晴監督が出席した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


関連写真

  • 映画『イン・ザ・ヒーロー』キックオフ会見に出席した唐沢寿明 (C)ORICON NewS inc.
  • “スーツアクター”だった下積み時代の唐沢 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)武正晴監督、吉川晃司、唐沢寿明、水野敬也氏 (C)ORICON NewS inc.
  • “スーツアクター”(ヒーローや怪獣などのスーツを着用し、スタントシーンをこなす役)だった下積み時代の唐沢寿明=映画『イン・ザ・ヒーロー』キックオフ会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『イン・ザ・ヒーロー』キックオフ会見に出席した吉川晃司 (C)ORICON NewS inc.
  • 映画『イン・ザ・ヒーロー』キックオフ会見に出席した(左から)吉川晃司、唐沢寿明 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス