• ホーム
  • 音楽
  • 福山雅治、初のアジアツアー「多謝大家!」 発音の良さに現地ファン感激

福山雅治、初のアジアツアー「多謝大家!」 発音の良さに現地ファン感激

 歌手・福山雅治が14・15日の両日、香港コンベンション&エキシビションセンターで自身初のアジア公演『FUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS.TOUR 2014 in ASIA』を行い、2日間で1万1000人を動員。それぞれ約3時間、全20曲を披露した。

【写真】その他の写真を見る


 7日に1万2000人を動員した台湾・台北アリーナ公演に続き、この日も自作のうちわや横断幕を掲げた現地のファンが大歓迎。福山が広東語で「大家好!(ダイガーホー=皆さん、こんにちは)とあいさつし、「ただいま、会いたかったです」と呼びかけると、福山の愛称「ましゃ」コールが飛び交った。

 「僕が初めて香港を訪れたのは1997年7月1日、香港返還の日。あの日の花火を、写真に撮りました」と日本語で語ると、同時に広東語の字幕がスクリーンに表示される配慮も。「香港のファンになじみのある曲をセンターステージで披露します」と宣言し、1990年代に香港の歌手、イーキン・チェンにカバーされ大ヒットした「恋人」を披露すると、歓声は大合唱へと変わっていった。

 本編ラストは、本ツアーでも訪れた台湾の連続ドラマ主題歌として起用され、香港でもiTunes J-POP TOP SONGSの1位を獲得した「暁」。最後のサビを北京語で披露すると、驚きの歓声と拍手が沸き起こり、福山は何度も「多謝大家!(ドージェーダイガー=皆さん、ありがとう)と現地語で呼びかけた。

 香港在住の30歳のカップルは「楽曲、MCすべてに現地語での字幕がスクリーンに表示され、距離が近く感じられた。さらに『暁』の最後のサビを北京語で歌われたことに驚き、発音の良さに感激した」と興奮気味だった。



関連写真

  • 初のアジアツアーを台湾&香港で行った福山雅治
  • 何度も「多謝大家!(皆さん、ありがとう)」と感謝した
  • 自身初のアジアツアーで全20曲を熱唱
  • 自身初のアジアツアーで全20曲を熱唱した福山雅治
タグ

オリコントピックス