• ホーム
  • 芸能
  • 涼宮ハルヒシリーズ、4年ぶり再始動 707個のカケラを集めろ

涼宮ハルヒシリーズ、4年ぶり再始動 707個のカケラを集めろ

 2010年2月公開の劇場版『涼宮ハルヒの消失』以来、約4年ぶりに涼宮ハルヒシリーズが再始動した。6月1日より、日本全国に散らばった707個のカケラを集めて人気劇中歌の完全描き下ろしムービーを完成させる「Haruhi Hunting(ハルヒハンティング)」がスタート。ムービーをひとコマずつ分割したイラストを「カケラ」と呼び、雑誌や、コンビニエンスストア、街の屋外広告、WEBサイトなど、あらゆるところに隠されている。

 この「カケラ」を見つけたら、スマートフォンで撮影し、その写真をキャンペーンサイトのアップロード機能を使って投稿。パラパラ漫画のように707個のカケラを連続させて、オリジナルムービーが完成する。 なお、一番乗りでサイトにアップロードされた写真がオリジナルムービーのひとつとして採用される。

 今回初公開となるムービーは、原作小説の中でも人気の高いシーンの一つである学園祭で登場した楽曲で、アニメ版では劇中歌として注目を集めながらも、部分的にしか描かれなかった「Lost My Music」の完全描き下ろし。主人公・涼宮ハルヒをはじめとしたSOS団の全員が登場する。

 涼宮ハルヒシリーズは、谷川流氏のライトノベルが原作。テレビアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』が2006年4月から7月と、2009年4月から10月にかけて放映され、そのクオリティの高さが話題となり、動画共有サイトの隆盛とともに社会現象化した。今回のムービーは4年ぶりの完全描き下ろし作品となる。

【キャンペーンサイト】http://haruhi.com



関連写真

  • 全国各所にバラバラになった涼宮ハルヒのイラストを集めて1つのムービーを完成させる参加型のプロジェクト『Haruhi Hunting』がスタート
  • オリコンNewS独占「カケラ」
タグ

オリコントピックス