• ホーム
  • 芸能
  • 指原莉乃「交流失いたくない」 AKB握手会事件に心境吐露

指原莉乃「交流失いたくない」 AKB握手会事件に心境吐露

 HKT48指原莉乃(21)が27日、自身のツイッターを更新し、25日に岩手県滝沢市で行われたAKB48の握手会でメンバーの川栄李奈(19)、入山杏奈(18)ら3人が襲撃され、負傷した事件について触れ、心境を明かした。

 指原は、フォロワーから寄せられた激励コメントに対して「みなさん、今回の件での二人への激励のメッセージありがとうございます」と感謝し、「二人にもメールで伝えました。二人、そして警備のスタッフさん、本当に心配だったんですが、快方に向かっていると聞いてほっとしています。ご心配をおかけしました」と報告。

 さらに、「りっちゃん(川栄)、あんにん(入山)、スタッフさん、そして現場に居合わせたメンバーそしてファンの皆さんのショックを思うと犯人を許すことはできません」と憤り、現在延期となっている握手会についても「私たちは一人のせいでファンの皆さんとの交流を失いたくありません」と本音を綴っている。

 今後は、警備などがより厳重になることが予想されるが、「握手会にいらしたことがある方ならわかると思うんですが暖かく家庭的な感じが私は好きでした。警備がより厳重になるそうですが、それでもあの家庭的な感じは残して欲しいです」と複雑な心境を吐露。

 “会いにいけるアイドル”として、ファンとの交流を重視してきたこともあり「いつ再開になるのか、どんな形になるのかはわかりませんが、交流の場がなくなるのはつらいです」と嘆き、「アイドル好きとして、AKBだけじゃなく全ての現場で握手会がなくならないように願っています」と安全な形での継続を切望した。



オリコントピックス