• ホーム
  • 芸能
  • 三遊亭円楽、現代のテレビ制作に苦言「自信がないんだろうな」

三遊亭円楽、現代のテレビ制作に苦言「自信がないんだろうな」

 落語家の三遊亭円楽(64)が14日、都内で行われた、放送作家・石田章洋氏の書籍『企画は、ひと言。』(29日発売)発売前記念イベントに出席した。

【写真】その他の写真を見る


 現役の放送作家との対談で円楽は、現代のテレビ制作について触れ「自分に自信がないんだろうな。バラエティでもオンエアが50分くらいなのに4時間くらいカメラを回している」と切りだすと「昔のできるディレクターは、ロケをしながら撮ってる最中に編集して、使わないところはカメラを回していなかった」と苦言を呈した。

 続けて「おかしいよテレビの作り方が。金がないのに無駄使いするのは国と一緒」とブラックジョークで場を沸かせると、石田氏も笑いながら頷いていた。

 また、石田氏は35歳のときに円楽に弟子入りしており、久々の師弟対談とあって、二人は当時の思い出話に花を咲かせていた。



関連写真

  • 現代のテレビ制作に苦言を呈した三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.
  • 書籍『企画は、ひと言。』発売前記念イベントに出席した(左から)石田章洋氏、三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc.
  • 書籍『企画は、ひと言。』発売前記念イベントに出席した石田章洋氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス