• ホーム
  • 芸能
  • TBS・久保田智子アナ、NY赴任終え帰国「経験を今後の仕事に」

TBS・久保田智子アナ、NY赴任終え帰国「経験を今後の仕事に」

 昨年8月から米・ニューヨークへ赴任していた、TBSの久保田智子アナウンサー(37)が21日、同局のアナウンサーブログで、半年間の赴任の終了と帰国を報告。「ニューヨークでの経験を、今後の仕事に生かしていこうと思っています」と意気込み綴っている。

 19日に帰国したという久保田アナは「およそ半年間のニューヨーク赴任でした。あっという間でしたが、およそ30のニュースに携わり、日本で数年かけても得られないような、貴重な経験ができました」と報告。

 「私にとってはちょうどいいタイミングでの帰任になったと感じています」と心境を明かし、帰国の際には機内からめったに見られないオーロラを見ることができたという久保田アナ。最後はニューヨークの夕景写真を添え「半年のニューヨーク赴任。オーロラに包まれて、終わり。ちょっとステキなクロージングですよね」とブログを結んでいる。

 昨年11月には自身のツイッターで、テレビ東京の大江麻理子アナ、フジテレビの阿部知代アナ、元TBSで現在はフリーアナウンサーの海保知里とのテレビ局の垣根を越えた“ニューヨーク女子アナ会”を開催したことなど、充実した日々を明かしていた。

 久保田アナ昨年8月1日付で、米・ニューヨーク支局に赴任。同局のアナウンサーが海外勤務に就くのは初めてで、現地から中継で最新情報などをレポートしていた。



オリコントピックス