• ホーム
  • 映画
  • ファンキー加藤、ソロ活動でメンバーの重要性痛感

ファンキー加藤、ソロ活動でメンバーの重要性痛感

 人気グループ・FUNKY MONKEY BABYSの元リーダー・ファンキー加藤が13日、都内で自身のドキュメンタリー映画『ファンキー加藤/My VOICE〜ファンモンから新たな未来へ〜』(住田拓英監督)の先行上映会に出席。ソロプロジェクトの一環で全国各地を回るフリーライブなどを展開してきた加藤は、大変だったことに「ライブのステージング」を挙げ「一人になってから、DJケミカルっていろんなことをやっていたんだなって改めて思った」とメンバーの偉大さを語った。

【写真】その他の写真を見る


 加藤は「10年間、ケミカルがライブ中に後ろで何をやっているか、同じ方向を見ていたので知らなかった」と明かし、「ライブという生の状態でケミカルを見たことがなかったけれど、お客さんが手拍子をしたり手をあげたりするあの一体感っていうのは、後ろで踊るDJが作っていたんだなとわかった」と、感慨深げに振り返った。

 今月12日にソロデビュー曲「My VOICE」をリリースしたばかりの加藤は「一時期はかっこつけて、(ソロ活動は)ゼロからのスタートってよく言っていたけれど、応援してくれる皆さんがいるのでゼロからじゃない!」と自らを奮い立たせ、集ったファンを盛り上げていた。

 同作は、加藤がFUNKY MONKEY BABYS解散を掲げて挑んだファイナルツアーからソロ活動へ至る1年に密着したドキュメンタリーで、14日から公開。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」


関連写真

  • DJケミカルの存在を語ったファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • ファンのリクエストに応えて血管を見せる (C)ORICON NewS inc.
  • 自身のドキュメンタリー映画『ファンキー加藤/My VOICE〜ファンモンから新たな未来へ〜』の先行上映会に出席したファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.
  • 自身のドキュメンタリー映画『ファンキー加藤/My VOICE〜ファンモンから新たな未来へ〜』の先行上映会に出席したファンキー加藤 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス