• ホーム
  • 映画
  • 堺雅人、今度はクローン技術の天才医師役 『パンドラ』シリーズに主演

堺雅人、今度はクローン技術の天才医師役 『パンドラ』シリーズに主演

 俳優の堺雅人が、WOWOWのスペシャルドラマ『ドラマWスペシャル パンドラ〜永遠の命〜』(4月27日放送、後10:00)に主演することが2日、わかった。“クローン技術”をテーマに命の尊厳を壮大なスケールで描くサスペンス大作だ。堺は「すばらしいシリーズに参加させていただくことになりました。クローンという特殊な題材を扱いながらも、普遍的な愛を描いている脚本だと思います」と手応えを語っている。

 昨年、連続ドラマ『半沢直樹』(TBS系)で“倍返し”の銀行マン、『リーガルハイ』(フジテレビ系)で毒舌弁護士を演じ、いずれも大ヒット。次回作が最も待たれる俳優の仲間入りを果たした堺が今作で挑むのは、クローン技術の革新的な発見をする優れた医学者にして天才医師。

 同ドラマは、革命的な発明により、“パンドラの箱”を開いた人々の運命を描くオリジナルドラマシリーズの第4弾で、初の単発ドラマ。これまでは連続ドラマとして、三上博史主演の『パンドラ』(2008年、全8話)ではがんを滅ぼす特効薬を、佐藤浩市主演の『パンドラII 飢餓列島』(2010年、全7話)では飢餓を救う食物を、江口洋介主演の『パンドラIII 革命前夜』(2011年、全8話)では自殺を防止する薬をテーマに扱ってきた人気シリーズだ。

 今回は、革新的な発明によりクローン人間が誕生するという“パンドラの箱”が開かれる。その時、何が起きるのか? ヒトは永遠の命を手にできるのか? 命の尊厳は? さらに、謎の殺人事件を軸に、大物政治家の野望、医学界の思惑が絡み合っていく複雑なストーリー。脚本家・井上由美子氏と河毛俊作監督が今作でもタッグを組み、“禁断”のテーマを深堀してゆく。

 堺も「これまでこのシリーズに関わられたスタッフ、キャストの皆様の、愛情や情熱に負けないよう、精一杯頑張りたいと思います。連続ドラマ(過去3作品)とはまた違った、新しいパンドラがお見せできればと思っております。どうぞお楽しみに」と決意を語った。

 ほかに、尾野真千子高橋克実石黒賢鈴木浩介伊藤歩、高橋來、郭智博中村敦夫伊武雅刀らの出演が決定している。



オリコントピックス