• ホーム
  • 芸能
  • 【年間映像ソフト市場】BD初の1000億円突破 「ヱヴァ」「まどマギ」らアニメ好調

【年間映像ソフト市場】BD初の1000億円突破 「ヱヴァ」「まどマギ」らアニメ好調

 オリコンが2013年のDVD、Blu-ray Disc(以下BD)の売上高をまとめた『年間映像ソフトマーケットレポート』(集計期間2012年12月31日〜2013年12月29日)を発表。映像ソフト市場の年間総売上額は2545.2億円で前年比約7000万円増(前年比100.0%)となり、微増ながら3年ぶりにプラスに転じた。

 盤種別に見ると、BDが市場規模調査開始(2009年)以来最高の1088.3億円(同29.1%増)を記録し1000億円の大台を初めて突破。市場全体におけるシェアを42.8%(前年は33.1%)とし、4割以上を占めるまでに拡大した。一方DVDは1456.9億円と前年比14.4%減となったが、好調なBDがDVDの減少分を補い、映像ソフト全体としては3年ぶりに前年比増となった。

 市場全体のジャンル別では、「アニメ」が1位(シェア33.1%)で843.2億円(同131.2億円増=18.4%増)と好調だった。5億円以上売り上げたタイトル数は前年の5作→8作、1億円以上は82作→157作へと大幅増加し、2010年以来3年ぶりに前年比増を記録。中でも、2013年の年間BDランキング1位に輝いた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN(NOT)REDO.』(BD=24.5億円、DVD=10.7億円)をはじめとする「劇場版アニメ」の映像ソフトが好調(前年売上126.0億円→222.1億円=96.1億円増)で、前年からの増加額の7割以上を占めた。

 メーカー(発売元)別では、ソニー・ミュージックエンタテインメントが226.6億円を売り上げて6年連続1位に。同社の映像ソフト売上額の6割以上を傘下のアニメレーベルで、『劇場版魔法少女まどか☆マギカ』などがヒットしたアニプレックスが占めた。2位はエイベックス・グループ・ホールディングス、3位はバンダイビジュアルと上位3社の顔ぶれは変わらず。

 4位には、ももいろクローバーZらのライブDVD/BD作品に加え、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q〜』『魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 2nd A’s』『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%』などアニメ作品のヒットに恵まれたキングレコードが前年9位→4位(前年比80.2%増)へ躍進。ポニーキャニオンも『ONE PIECE FILM Z』『進撃の巨人』などのアニメ作品のヒットが寄与し、前年10位→6位(同63.4%増)に浮上した。



>> 2013年年間ランキング特集TOP
シングルTOP100アルバムTOP100アーティストトータルセールスTOP5ミュージックDVD TOP10


■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




関連写真

  • Blu-ray Discの市場規模が初めて1000億円を突破した
  • 年間Blu-ray Discランキングで総合1位に輝いた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT)REDO.』

オリコントピックス