• ホーム
  • 芸能
  • 元外交官・阿曽沼和彦氏、『グラミー賞』7度目の挑戦「受賞するまで辞められない」

元外交官・阿曽沼和彦氏、『グラミー賞』7度目の挑戦「受賞するまで辞められない」

米音楽界最高峰の祭典『第56回グラミー賞』(現地時間26日開催)でジャマイカ在住の元外交官、阿曽沼和彦氏がプロデューサーとして参加したアルバム『レゲエ・コネクション』が「最優秀レゲエ・アルバム」にノミネートされた。これまでに7回ノミネートされた阿曽沼氏は「いつか必ずグラミーを取りたい。あの蓄音機の形をしたトロフィーをこの手に持つまではやめられませんね」と意気込んでいる。

「今回も目標だったノミネートを果たせて、ホッとしています」と胸をなでおろすも、他候補に「ボブ・マーリィの息子ジギーとスヌープ・ライオンという強敵...

この記事の画像

  • 『第56回グラミー賞』で「最優秀レゲエ・アルバム」にノミネートされた元外交官で音楽プロデューサーの阿曽沼和彦氏
  • 阿曽沼和彦氏
  • 阿曽沼和彦氏

オリコントピックス