• ホーム
  • 音楽
  • エレカシ宮本、涙の“完全復活” キャリア25年で初のアリーナ公演

エレカシ宮本、涙の“完全復活” キャリア25年で初のアリーナ公演

 ロックバンド・エレファントカシマシが11日、デビュー25周年で初となる単独アリーナ公演をさいたまスーパーアリーナで開催した。昨年9月に左耳の急性感音難聴から復活したボーカルの宮本浩次は、25年かけてたどりついた大舞台に感極まり、涙で声を詰まらせる場面もあったが、4時間にわたって全37曲を渾身の熱唱。力強い歌声を轟かせ、ぎっしり満員の1万4000人を熱狂させた。

【写真】その他の写真を見る


 宮本はエレカシ史上最大規模にして初のアリーナ公演に「ようこそ、さいたまスーパーアリーナへ! お正月だぜ〜! きょうが元旦みたいなものだ」とのっけからエンジン全開。「25周年なんで、ダイジェストでやっていきます」という言葉どおり、デビュー曲「デーデ」(88年3月発売)から代表曲「悲しみの果て」「今宵の月のように」、復活第1弾シングル「あなたへ」(昨年11月発売)といった歴代シングル曲をはじめ、全21枚のアルバムから楽曲を披露し、25年分の感謝の気持ちを爆発させた。

 エレカシとしては珍しく特殊効果もふんだんに使い、「奴隷天国」では頭上から1万個を超す風船や巨大なバルーンが降ってきたり、「桜の花、舞い上がる道を」では季節的には少し早い桜吹雪が会場中を舞い、幻想的なステージを演出。「風に吹かれて」は珍しいピアノバージョンで披露したほか、エレカシの魅力をすべて出し切って完全復活を印象づけた。

■『エレファントカシマシ 25周年記念SPECIAL LIVE』セットリスト
【第1部】
01. Sky is blue 
02.奴隷天国
03.悲しみの果て
04.新しい季節へキミと
05.今はここが真ん中さ!
06.彼女は買い物の帰り道
07.リッスントゥザミュージック
08.ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ
09. Darling
10.シャララ
11.ココロをノックしてくれ
12.未来の生命体
13.デーデ
14.達者であれよ
15.今をかきならせ
16.やさしさ
17.珍奇男
18.男餓鬼道空っ風
19.風に吹かれて(ピアノバージョン)
20.傷だらけの夜明け
21.あなたへ
22.ハナウタ〜遠い昔からの物語〜
23.ズレてる方がいい
24.俺たちの明日
【第2部】
25.今宵の月のように
26.さらば青春
27.昔の侍
28.旅
29.桜の花、舞い上がる道を
30.笑顔の未来へ
31.あなたのやさしさをオレは何に例えよう
32.so many people
33.生命賛歌
34.ガストロンジャー
35.ファイティングマン
【アンコール】
36.男は行く
37.待つ男



関連写真

  • 難聴を乗り越え、4時間にわたって力強い歌声を轟かせたエレファントカシマシのボーカル宮本浩次
  • デビュー25周年で最大のステージに立ったエレファントカシマシ(11日=さいたまスーバーアリーナ)
  • ミヤジの歌声に1万4000人が熱狂した
  • デビュー25周年で最大のステージに立ったエレファントカシマシ(11日=さいたまスーバーアリーナ)
  • デビュー25周年で最大のステージに立ったエレファントカシマシ(11日=さいたまスーバーアリーナ)

オリコントピックス