• ホーム
  • 芸能
  • 『あさりちゃん』連載35周年、コミックス100巻で完結

『あさりちゃん』連載35周年、コミックス100巻で完結

 『小学二年生』(小学館)に連載中のギャグ漫画『あさりちゃん』が、来年2月1日発売の同3月号で連載を終了し、同月28日発売のコミックス100巻の刊行を最後に完結することが明らかになった。

 姉・眞弓、妹・眞里子の2人組漫画家・室山まゆみにより、1978年『小学二年生』8月号から連載がスタート。好評を博して他学年の学年別学習雑誌、『月刊コロコロコミック』『ぴょんぴょん』『ちゃお』に連載を広げ、1982年にはアニメ化もされた(全54話)。

 現在、連載35周年。女性漫画家による最多巻数作品としてギネスブックに記録申請中。コミックスは通巻99巻、累計発行部数は約2800万部(2013年12月現在)に上る。

 勉強嫌いでスポーツ万能、だらしないけど元気が取り柄の小学4年生・浜野あさりと、成績優秀、金銭感覚しっかり者の姉のタタミが引き起こす騒動で大わらわの日常を描き、長く愛されてきた。どんなラストを迎えるのか、注目される。



オリコントピックス