• ホーム
  • 映画
  • 前田敦子、主演映画がローマ映画祭で2冠「ビックリしすぎて意味がわかりません」

前田敦子、主演映画がローマ映画祭で2冠「ビックリしすぎて意味がわかりません」

 イタリア・ローマで開催された『第8回ローマ国際映画祭』の授賞式が、現地時間16 日夜(日本時間17日未明)に行なわれ、前田敦子主演、黒沢清監督の映画『Seventh Code』(日本公開未定)が、監督賞(Best DirectorAward)と、優れた技術に贈られる技術貢献賞(Award for Best Technical Contribution)の2冠を獲得した。

【写真】その他の写真を見る


 この一報を受けて、前田は「黒沢監督すごい! ビックリしすぎて意味がわかりません。私は監督の指示に従っただけですが、私もすごくうれしいです! 監督賞、技術貢献賞、本当におめでとうございます!」とコメントを発表。

 黒沢監督も「ローマ国際映画祭に出品できただけでも十分満足しておりましたが、受賞の報を聞いて大変驚いています。他にも素晴らしい作品が数多くある中で、今回の作品に賞を与えてくれたことを、とてもうれしく思っています」と喜んでいる。

 同映画は、前田演じるひとりの女が、東京で出会った男を異国の地で追い求めていく、謎に満ちた物語。前田と黒沢監督が初タッグを組み、今年6 月に監督自身も初となるロシア・ウラジオストクでの海外オールロケを敢行した意欲作となっている。

 同映画祭のインターナショナル・コンペティション部門には『Seventh Code』を含む18作品が出品され、日本作品が同映画祭で受賞するのは初となる。黒沢監督が出席した公式上映は、平日の夜にも関わらず1000 席ほどある会場が観客で埋まり、上映後はエンドロールが流れている間から起こった拍手が鳴り止まない程の高評価を得ていた。



関連写真

  • 第8回ローマ国際映画祭 コンペティション部門で2冠に輝いた前田敦子主演映画『Seventh Code』(黒沢清監督)
  • 第8回ローマ国際映画祭で記者会見する黒沢清監督(中央)
  • 第8回ローマ国際映画祭で映画『Seventh Code』の公式上映に立ち会った黒沢清監督
  • 第8回ローマ国際映画祭で取材を受ける黒沢清監督
  • 第8回ローマ国際映画祭 コンペティション部門で2冠に輝いた前田敦子主演映画『Seventh Code』(黒沢清監督)

オリコントピックス