• ホーム
  • 映画
  • 【オリコン】話題の映画関連作『SPEC』『清須会議』TOP10入り

【オリコン】話題の映画関連作『SPEC』『清須会議』TOP10入り

【ランキング表】
BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

 今月1日に公開した『劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇』の同名ノベライズ作品(脚本・西荻弓絵/ノベライズ・豊田美加/10月25日発売・KADOKAWA)が週間2.2万部を売り上げ、11/11付オリコン“本”ランキング文庫部門で初TOP10入りとなる7位にランクイン。また、9日公開の三谷幸喜監督映画『清須会議』の同名原作(7月24日発売・幻冬舎)が、10位を獲得し、映画関連作品が好調だった。

 映画『劇場版SPEC〜』は、「SPEC」と呼ばれる特殊能力を持ったSPECホルダーに立ち向かう、警視庁公安部の特殊捜査員との戦いを描いて人気となったシリーズの完結編前編。後編となる『劇場版SPEC〜結〜爻ノ篇』は今月29日より公開され、ノベライズは25日に発売。

 一方『清須会議』は、三谷監督が昨年17年ぶりに書き下ろした同名小説。織田信長亡き後、跡継ぎ問題と領地配分を議題に日本史上初めて“会議の席上で歴史が動いた”と言われる“清須会議”をテーマに、その時代を必死にそして懸命に生きた人々のおかしくも愛おしい姿を描く。

 そのほか、文庫部門は、宮部みゆき氏の『小暮写眞館 上』(講談社)が2週連続で1位に。また、『問題児たちが異世界から来るそうですよ? YES! 箱庭の日常ですっ!』(著・竜ノ湖太郎/イラスト・天之有/KADOKAWA)、『竜殺しの過ごす日々 10』(著・赤雪トナ/イラスト・碧風羽/主婦の友社)がそれぞれ6位、9位に初登場した。

■調査協力店
旭屋書店、アニメイト、Amazon.co.jp、紀伊國屋書店、くまざわ書店(くまざわ書店/いけだ書店/ACADEMIA)、コミックとらのあな、三省堂書店、三洋堂書店、セブンネットショッピング、TSUTAYA、戸田書店、明屋書店、フタバ図書、ブックスタマ、丸善、漫画全巻ドットコム、未来屋書店(未来屋書店/ミライア/ブックバーン/LE MIRAI/MIRAIYA SHOTEN)、八重洲ブックセンター本店、有隣堂、楽天ブックス、LIBRO、WonderGOO ほか全国書店1717店舗(WEB通販含む)※2010年10月18日付現在(五十音順)

■オリコン“本”ランキング
書籍を販売している全国の書店およびWEB通販の週間売上をもとに全国推定売上部数を算出し順位を確定。「BOOK」「コミック」「文庫」の主要3ランキングと、「新書」「ビジネス書」を毎週木曜日に発表する。今後も月曜日分の売上から翌日曜日分までの売上を週間ランキングとして集計。それらをもとに月間ランキング及び年間ランキングも発表する。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。



【ランキング表】 BOOK TOP30 / 文庫 TOP30 / コミック TOP30

関連写真

  • 今週のオリコン“本”ランキング文庫部門で映画関連作品が好調 『劇場版SPEC〜結〜漸ノ篇』のノベライズ作品
  • 三谷幸喜『清須会議』(7月24日発売・幻冬舎) 映画は11月9日公開

オリコントピックス