• ホーム
  • 芸能
  • ヒーローカンパニー、警視庁の万引き防止対策イメージキャラクターに採用

ヒーローカンパニー、警視庁の万引き防止対策イメージキャラクターに採用

 『月刊ヒーローズ』(ヒーローズ刊)で連載中の漫画『ヒーローカンパニー』(原作:島本和彦)が、警視庁の万引き防止対策ポスターのイメージキャラクターに採用された。荒廃する世の中に多発する悪質な事件や、防ぎきれない事故・災害から人類を守る職業としての「ヒーロー」を描く同作。ポスターでは、ヒーローカンパニーのハドウ・ダイチがにらみを効かし、「ストップ!万引き」を呼びかける。

 都内、全国とも、ここ数年の万引き事案の認知件数は高止まり傾向。検挙・補導人員中に占める都内の少年の割合は、長期的には減少傾向にあるが、ここ2〜3年は増加傾向を示しており、高齢者の割合は一貫して増加の傾向にあるという。警視庁では、「万引きをしない、させない 見逃さない」をスローガンに、「社会・地域の絆づくり」と「規範意識の向上」に向けた対策を推進。その一環として、啓発ポスターが制作され、“世の中の平和を守る”というコンセプトで合致する『ヒーローカンパニー』がイメージキャラクターとして採用された。

 同ポスターは本日(5日)より順次、都内の警察署98ヶ所や公共施設などで約5000枚掲示されるほか、リーフレットを約5万部配布し、都民に広くアピールしていく。

 【警視庁/万引き防止】
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/manbiki_pos/manbiki_pos.htm



オリコントピックス