• ホーム
  • 芸能
  • ファミリーマートが国内1万店達成 セレモニーに萬田久子&佐々木則夫監督登場

ファミリーマートが国内1万店達成 セレモニーに萬田久子&佐々木則夫監督登場

 ファミリーマートが15日、同日をもって国内店舗数が1万店舗に達したことを発表した。東京・中野中央五丁目店では記念セレモニーが開かれ、同社の中山勇代表取締役社長をはじめ、サッカー日本女子代表の佐々木則夫監督、女優の萬田久子が参加。萬田は赤の華やかなドレスとハットをかぶって登場し、セレモニーに華を添えた。

【写真】その他の写真を見る


 同社は1973年9月に埼玉県狭山市に1号店を開店し、国内エリアフランチャイズ各社と協業のもと、店舗網を拡大。2006年には日本全国47都道府県へ出店した。このほど開店した4店(中野中央五丁目店:東京都中野区、長洲清源寺店:熊本県玉名郡、近鉄丹波橋駅1番ホーム店:京都府京都市、近鉄上本町駅地上8番ホーム前店:大阪府大阪市)をもって、1万店を達成した。

 同社のプライベートブランドの新CMに出演する萬田は「この前、ファミマさんの商品で女子会をしましたが、みんなに好評でワインも進みました」と満足気。「今度女子会に参加してください」と萬田から誘われた佐々木監督は「ぜひ。“女子”には慣れているので」と返し、笑いを誘っていた。

 セレモニー後に行われたイベントには、ピン芸人の村上ショージ、お笑いコンビのキャベツ確認中も登壇。村上は、雨模様の天気にちなんだ思い出話を披露するも反応は冷ややかで、「すみません、雨の中のトークは苦手なので、トークも湿りがちです」と弁明。最後には「私も58歳なので、最近面白いことが浮かばないです。これは致命傷です。もう夜の9時には眠たいですし…」と自虐コメントでなんとか会場を笑いに包んでいた。



関連写真

  • テープカットを行う(左から)佐々木則夫監督、萬田久子 (C)ORICON NewS inc.
  • ファミリーマート国内1万店舗達成記念セレモニーに出席した萬田久子 (C)ORICON NewS inc.
  • ファミリーマート国内1万店舗達成記念セレモニーに出席した佐々木則夫監督 (C)ORICON NewS inc.
  • ファミリーマート国内1万店舗達成記念セレモニーに出席した村上ショージ (C)ORICON NewS inc.
  • ファミリーマート国内1万店舗達成記念セレモニーに出席した萬田久子 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス