ファン必見! 巨大ダムにラジヘリが迫る

 ソニーの小型ビデオカメラを搭載したラジコンヘリで、長崎県・端島、通称「軍艦島」の空撮した動画が、YouTubeで約82万回(9月24日現在)の再生を数え、話題になっている中、同様の空撮動画第2弾が登場した。今回の被写体は、巨大ダム。その全景や迫力ある放流シーンなど、ラジヘリならではの空撮映像を楽しむことができる。

【写真】その他の写真を見る


 石原裕次郎主演の映画『黒部の太陽』(1968年)でも描かれ、当時、世紀の難工事と言われた黒部ダムの完成から50周年に当たる今年、一段と熱い注目を集めているダム。『マツコの知らない世界』(TBS)をはじめ、数々の深夜番組で特集が組まれたり、『ダムマニア』(著:宮島咲)や『ダム』(著:萩原雅紀)などの写真集が話題になったり、ダムを訪れた観光客に配布している「ダムカード」がネットオークションで高値で取引されるなど、ファンも加熱している。

 そんなダムファン必見の動画のロケ地は、北海道・石狩川水系豊平川の上流に位置する豊平峡ダム。4710万トンの貯水量を誇り、放水門からは最大で毎秒2トンもの水が放流される。25日より公開された動画本編では、プロ操縦士がラジヘリ2台を同時に飛ばし、迫力あるダム放流の瞬間や、高さ100メートルを超える巨大ダムの全貌を余すところなく撮影。ラジヘリならではのスピーディーでダイナミックな映像が堪能できる。

 メイキング映像には、ビデオカメラを複数のプロペラで飛ぶ特殊なラジコンヘリコプター(マルチコプター)に装着するシーンや、2台がダム放流のギリギリまで近づく様子など、撮影当日の舞台裏が収められている。

 前作の軍艦島は、今月17日に世界文化遺産登録に正式に推薦されることが政府より発表されたことで、ますます注目を集めることに。現在は観光ツアーが組まれるほどの人気ぶりだが、実は観光客が立ち入れるのは一部の区画のみ。ラジヘリによって、軍艦島の隅々まで、そして人が立ち入れない危険な個所まで撮影することに成功している。

 【スペシャルサイト】http://www.youtube.com/user/ActionCamfromSony



関連写真

  • ド迫力空撮プロジェクト第2弾「巨大ダム」
  • 北海道・石狩川水系豊平川の上流に位置する豊平峡ダム
  • 前作『Sony's Action Cam on RC Helicopter filming 軍艦島』より
  • 人間の作った巨大建造物がブームの中、ダムマニアが急増中!?=北海道・石狩川水系豊平川の上流に位置する豊平峡ダムをラジコンヘリで空撮
  • 北海道・石狩川水系豊平川の上流に位置する豊平峡ダムをラジコンヘリで空撮=アクションカム空撮プロジェクト
  • メイキング映像もソニーアクションカムで撮影=アクションカム空撮プロジェクト第2弾「巨大ダム」
  • メイキング映像もソニーアクションカムで撮影=アクションカム空撮プロジェクト第2弾「巨大ダム」

オリコントピックス