• ホーム
  • 音楽
  • B’zに熱狂!日産スタジアム最多7万5000人 花火2500発で大団円

B’zに熱狂!日産スタジアム最多7万5000人 花火2500発で大団円

 9月21日にデビュー25周年を迎えた人気ロックユニット・B’zが22日、24ヶ所30公演で約55万人を動員する全国ツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure 2013 -ENDLESS SUMMER-』の最終公演を横浜・日産スタジアムで開催した。

【写真】その他の写真を見る


 初のオールシングル・ベストアルバム『B'z The Best XXV 1988-1998』と『B'z The Best XXV 1999-2012』を引っさげ、今年6月からホール公演、8月からは札幌、名古屋、福岡、大阪でのドーム公演を経たB’zが、日産スタジアムで大団円を迎えた。

 ステージの背後に登場した、25周年を象徴する巨大な“XXV”のシンボルから炎が燃え上がると、会場のボルテージはヒートアップ。ツアータイトル曲「Endless Summer」が鳴り響き、松本孝弘稲葉浩志が現れると、大歓声が一瞬にしてスタジアムを埋め尽くした。

 2008年以来5年ぶりとなるヒット曲満載の“Pleasure”ツアーは、オープニングからエンジン全開。稲葉が「B’zのライブジムにようこそ!」とお馴染みのフレーズであおると、割れんばかりの歓声が沸き起こる。「Pleasure2013〜人生の快楽〜」では松本と稲葉が左右に伸びるステージを駆け巡り、ファンを釘付けにした。

 全長19メートルにおよぶ飛行船が出現したり、ベストアルバムに収録された新曲「Q&A」では忍者が登場し、殺陣とダンスのパフォーマンスでも魅了。「ギリギリchop」披露時は、火柱が熱気とともに立ち上り、集まったファンの心をたぎらせた。

 「25年前、自分のバンドを作りたいなとこの人が思わなかったら、B’zは誕生しませんでした。オン ギター! Tak Matsumoto!」と稲葉から紹介された松本が、ギターでイントロを奏で、そのまま本編ラスト曲「RUN」へ。デビューから25年間走り続けてきたB'zそのものを表したような楽曲で会場を揺らした。

 アンコールの1曲目「juice」で再び観客のボルテージは最高潮。イントロの瞬間からスタジアムは興奮のるつぼと化した「ultra soul」でラストを締めくくり、全22曲を惜しみなく演奏し切った。“完全燃焼”したメンバーとファンの夜空には、2500発の花火が打ち上げられ、彼らの“ENDLESS SUMMER”をド派手に飾っていた。

 1988年9月21日にデビューしてから25年。デビュー記念日となる21日、そして22日の公演には、2日間合わせて15万人のファンが集結し、1公演の観客動員数(7万5000人)は日産スタジアム史上最多を記録した。数々の記録と記憶を多くのファンの目に焼付け、30周年という節目に向け、B’zはこれからも走り続けるだろう。



関連写真

  • 観客を魅了したB’z(左から)稲葉浩志、松本孝弘
  • ハイトーンボイスで沸かせた稲葉浩志
  • 卓越したギター演奏を披露した松本孝弘
  • B’zの全国ツアーが日産スタジアムで大団円
  • B’zデビュー25周年を飾るシンボルが印象的だったステージ
  • 全長19メートルにおよぶ飛行船が出現したB’zのライブ
  • ド派手は演出で会場を沸かせたB’z
  • 日産スタジアム史上最多の観客動員数を記録したB’zライブ

オリコントピックス