• ホーム
  • 芸能
  • 宮崎駿監督、引退理由明かす「加齢はしょうがない」「僕の時代は終わった」

宮崎駿監督、引退理由明かす「加齢はしょうがない」「僕の時代は終わった」

 現在公開中の映画『風立ちぬ』をもって長編映画からの引退を発表した宮崎駿監督(72)が6日、都内で会見を開き、一線から退くことを決めた理由について語った。

 海外メディアを含め、600人以上の報道陣が詰めかけた会見場に姿を見せた宮崎監督は開口一番「何度と辞めようと言って騒ぎを起こしてきました人間ですが、今回は本気です」と頭を掻きながら語気を強めた。

 会見開始前、報道陣に公開された「公式引退の辞」では「“風立ちぬ”は前作から5年かかっています。次は6年か、7年か……それではスタジオがもちませんし、ぼくの70代は、というより持ち時間は使い果されてしまいます」と引退理由を説明。会見でも、その理由を具体的に語った。

 『崖の上のポニョ』公開から5年を経て発表された今回の『風立ちぬ』。宮崎監督は「5年かかるんです。次の作品を考え始めると、5年じゃ済まない、この年齢だと。あと3ヶ月で73歳。7年かかると80(歳)になる。あと10年、仕事を続けられたらいいなと思うが、僕の長編アニメーションの時代は終わったんだと思っています」と感慨深げに語った。

 映画製作に携わり「映画を作るのは死に物狂い。映画を作るのは重圧でした」と笑い混じりに振り返る宮崎監督。「眼鏡を外して、こうやって(身をうずめて)書かないといけない。どんなに体調を整えても、『〜ポニョ』のときと比べて机を離れるのが30分早くなってた。加齢はしょうがない。違う方法でできていればもうやってましたが、やりません。長編のアニメはできませんと判断したんです」ときっぱり言い切った。

 今後については「前からやりたかったことをやろうと思っている。それはアニメーションではございません」と、短編映画へのシフトを否定した上で「やれなかったらみっともないので、言いません」とイタズラっぽい表情を浮かべて明言を避けた。

 「これからの10年はあっという間に終わると思う」と目を細めた宮崎監督は「長い間お世話になりました。もう2度とこんなことはないと思います。ありがとうございました」と多くの報道陣を前に一礼し、同席したスタジオジブリの鈴木敏夫代表取締役プロデューサー、星野康二代表取締役社長と固い握手を交わしていた。



オリコントピックス