• ホーム
  • 芸能
  • 『ピカルの定理』最終回で3年の歴史に幕 ハライチ・岩井が暴言のち涙

『ピカルの定理』最終回で3年の歴史に幕 ハライチ・岩井が暴言のち涙

 お笑いコンビ・ピース平成ノブシコブシ渡辺直美らが出演するフジテレビ系バラエティー番組『ピカルの定理』が、4日放送の最終回をもって3年の歴史に幕を閉じた。番組終盤、ハライチ岩井勇気がメンバーに暴言を吐き、ノブコブの吉村崇らに羽交い絞めにされながらも「ありがとう…。『ピカルの定理』、終わりたくないよ…」と一筋の涙を流した。

 2010年10月に同局ローカルの深夜枠でスタートし、今年4月よりゴールデンに進出した同番組。これまで、ピース・綾部祐二とノブコブ・吉村のボーイズラブを軸としたコント「ビバリとルイ」や白鳥美麗(渡辺)を鮎川(綾部)と榊(吉村)が取り合う学園ドラマコント「白鳥美麗物語」など、人気コントを生み出してきた。

 感動のフィナーレを迎えると思いきや、手紙を書いてきたという岩井は「又吉(直樹)さん、根暗同士仲良くできると思ったけど、暗すぎて無理でした」「直美、後輩なのに、エレベーターのボタン、絶対に押さないんですね」「(加賀美)セイラ、たまにすごい太ってるよね」と共演者全員に毒づき、吉村に対しては「正直あなたが嫌いです」とぶっちゃけ告白。綾部にも「はげてきてる」と暴言は止まらかったが、突然泣き出し、番組終了を嘆いていた。



オリコントピックス