• ホーム
  • 芸能
  • 音楽プロデューサー・佐久間正英氏が末期がん公表

音楽プロデューサー・佐久間正英氏が末期がん公表

 音楽プロデューサーの佐久間正英氏(61)が9日夜、末期のスキルス性胃がんであることを自身の公式サイト、フェイスブックなどで公表した。すでに肝臓や脾臓にも転移しており、14日に脳腫瘍の手術を受ける。

 BOOWY、THE BLUE HEARTS、GLAY、L'Arc〜en〜Ciel、JUDY AND MARYら数々のロックバンドをプロデュースしてきた、日本を代表する音楽プロデューサーがその事実を知ったのは今春だったという。その時の様子を「2013年4月上旬自分がスキルス胃ガンのステージVIになっている事を知る。今年から小学校の一人娘の入学式前日の出来事。発見段階で医師からはすでに手の施し様はあまりない事を聞き(発見された転移部位の問題もあり)、手術や抗がん剤等積極的なアプローチにはリアリティを感じなかった」と振り返っている。

 宣告後2週間近くは「さすがに落ち込みもしたし、無駄なほどにあれこれ考えもした。寝ても覚めても癌のこと、治療のこと、家族含め接する人達のこと、今後の身辺整理等に頭を煩わせた」が、考え方に変化が訪れ「癌などと言う厄介な病気になってしまったが、冷静に思えば突発的病気や事故等に会うよりは、人生を振り返ったり改めて考えたり、大切な人たちの事を思ってみたり、身辺整理の時間を持てたり、感謝の心を育てられたり。案外悪くはないのかもしれない」と気持ちを切り替えた。

 7月中旬を過ぎたあたりで左腕に違和感を覚え検査したところ「脳腫瘍を発見。おそらく転移。すでに腫瘍は結構な大きさなので、放置すると障害が出るのは時間の問題。放射線で対処できるサイズを越えているので手術しか道は無さそうだ」。さらに今月3日の検診結果を「肝臓に多数の転移が認められ、脾臓にも転移。思った以上に進行が早かったようだ。早ければ1〜2ヶ月、長くても年内いっぱいもつかどうか。そんな現実が突然リアリティを持って顕われた。いよいよ最終章に入って来たのかもしれない」と明かした。

 がん告知からの4ヶ月の間にも佐久間氏は精力的に音楽活動を続け「最後になるであろうソロアルバムの構想も始めた。タイトルはもちろん『Last Days』。今のところ完成はおろか、手を付けてもいないのだけれど、表題曲の作曲だけはした。最後にもう一度大好きなTAKUYAと一緒にこの作品を仕上げたい、と企ててみた。陽の目を見れる公算は限りなく小さいけれど」と創作意欲は衰えず、今月3日には宮城・塩釜で早川義夫のライブツアー、6日には東京・国立代々木競技場第一体育館『a-nation island』でAARONのステージに参加している。

 早川とは10年前にCes Chiensを結成しており、3日のライブでは「自分はこの人の歌のために音楽をやって来たのではないだろうか。この人と出会うためにギターを弾き続けて来たのではないだろうか、と。そんな風に思えるほど歌にぴったりと寄り添うことができる」と改めて実感。10月18日には二人で米シカゴ大学でライブ開催が決まっているが「10月のシカゴ大学でのコンサートまで持ち堪える可能性は低いかも知れないから、できれば9月中にでも東京でライブをできないか。なるべくたくさんの人に二人での最後の演奏を届けることができたら、と。そんな青臭いことを考えてみた」と希望を託した。

 がん公表後、佐久間氏のもとには布袋寅泰、元JUDY AND MARYのTAKUYA、黒夢の人時らミュージシャン仲間、関係者、ファンからコメントが多数寄せられており、佐久間氏もそれに返信するなどして交流。冷静に今を見つめ、周囲への感謝を綴った公表の文末では「来週8月14日に脳腫瘍の手術を受ける。きっと元気に戻って来よう」と強い意志で結んでいる。



オリコントピックス